新版 枕草子(下)
  • 最新刊

新版 枕草子(下)

作者名 :
通常価格 814円 (740円+税)
紙の本 [参考] 1,056円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「をかし」「心にくし」「すさまじ」といった言葉を繰りながら、鋭い観察眼により自然や身の回りの事物・事象を記録して生まれた名随筆。下巻は一二八段から最終章段、年表・語句索引を収載(全二冊)。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内文学
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2014年08月06日
紙の本の発売
1980年04月
サイズ(目安)
9MB

新版 枕草子(下) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    『枕草子』は当時の帝のお妃である中宮定子のための随筆だと言われるところですが、読んでみると随筆といったものの、作為的に書かれている感じのするところがあります。巻末の解説を読むと、解説者自身は「無条件に随筆であるとする立場にはない」とのことでした。つまり、空想やフィクションが混じっているのでしょう。こ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月12日

    平安時代中期に中宮定子に仕えた女房、清少納言により執筆されたと伝わる随筆です。古文の授業とかだと冒頭を始め、途中の段を抜粋して終わってしまうけど、それではもったいないです。もっと色々な事柄が清少納言の目を通して語られています。そうそう最近だとFGOに清少納言(キラキラのアーチャー)が登場してtwit...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月16日

    人間観察、人間関係もおもしろいが、衣や紙の色の描写に惹かれる。できれば実物そのものを手に取ってみたいものだ。こちらの知識不足のせいか、現代語訳でも理解しがたいところがあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月09日

    たまには「古典」も読んでみようと思ったが、読み終えるまでに思いのほか時間がかかってしまった。さて、肝腎の感想としては、たしかに面白く感じる部分も多く、なるほど読み継がれてきた理由もよくわかった。とくに、雪山について勝負する場面などは、今日的な小説の題材としてもなかなかおもしろいと思う。いっぽうで、元...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月15日

    春はあけぼの、とかの良いものについて書いた段ももちろんおもしろいですが、辛口の人物評みたいな部分が最高に面白いです。

    このレビューは参考になりましたか?

新版 枕草子 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 新版 枕草子(上)
    748円(税込)
    中宮定子をめぐる後宮世界。清少納言の目はいつも鋭く冴え、洗練された感覚と視線で華やかな公卿文化をとらえる――。詳密な語釈と補注を加え流麗な現代語訳を付す。上巻は一二七段までと、系図や解説を収載。
  • 新版 枕草子(下)
    814円(税込)
    「をかし」「心にくし」「すさまじ」といった言葉を繰りながら、鋭い観察眼により自然や身の回りの事物・事象を記録して生まれた名随筆。下巻は一二八段から最終章段、年表・語句索引を収載(全二冊)。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

新版 枕草子 に関連する特集・キャンペーン