南瓜とマヨネーズ
  • 完結

南瓜とマヨネーズ

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

わたしたちのこのありふれた平凡は本当はとてもこわれやすくてなくさないことは奇跡。名作復刊!! 魚喃キリコが描く心に沁みる長編恋愛ストーリー!! ハギオのためなら、たぶん、あたしなんだってやる。※本書は1999年に宝島社から同タイトルで発売されたものと同じ内容になります。

ジャンル
出版社
祥伝社
掲載誌・レーベル
FEEL COMICS
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年08月15日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2014年01月05日

魚喃キリコの作品は、どれも日常(せいかつ)の一部で、すべてで、
むかし何気なく手に取った『キャンディーの色は赤。』『痛々しいラヴ』以来その毒にあてられてしまった。

なんだかたまらなかった。

彼女の作品に流れるありふれたことばに嘘は、なく。
白々しい科白も、甘ったるい空気も。
ただただ“そこに在る...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年12月01日

大学生の時に大好きだった魚喃キリコ。
これを読んだときは、絶句。
恋をしてると、この本の持つ痛さがよくわかる。

春なので、何だか久しぶりに読んでみたよ。


「わたしたちのこのありふれた平凡は
 本当はとてもこわれやすくてなくさないことは奇跡」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月08日

僕が初めて読んだ魚喃キリコ作品はこれで、読み返してみても、やっぱり僕の中の魚喃キリコはこれだなぁって思う。もう痛々しいラヴで、もう見ていられないくらいに悲しくて儚くて、でも愛おしい。そんな物語。今はこのジャケットじゃなくて、新装版になっているけれど、僕の中ではこの青いジャケットがこの作品。(11/8...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月24日

間が会話が空気がたまらなくナナナンワールド。リアルに感じる女は多いかも(笑)すごく同調してしまって読むとくるしくなる、そんな一人称あたし系女子だけじゃなくて、大人な男に読んでほしい。ラストは泣く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月02日

彼氏と暮らしていても、たまに昔好きだった男のことを思い出す主人公。彼氏との生活はありふれてるけど幸せで、不満とか刺激がほしいとかでもなくて。
でも、何かを埋めるように、取り戻すみたいに、もう、よくわかんないけど、働いて、ご飯食べて、別に欲しくもないものを買って欲しくて、好きな男に酒とご飯をご馳走して...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play