ひと月の期限の間に、皇子と契りを交わした姫を我が国の皇太子妃とする。大国水嘩の王子の花嫁選定の議に招かれた小国の皇女・芹。使者の青年・瑛と水嘩へ向かう道中、自分を護ってくれた彼に惹かれてしまう。切ない気持ちで王宮で過ごすが、ある事件を巡って言い争いになった彼に押し倒され、純潔を奪われて…!?もう皇子の花嫁にはなれない、でも理由を話せば瑛が厳罰に。悩む芹に「心配はいらない」と宣言する瑛。そして一向に姿を現さない皇子の正体は…?

ジャンル
出版社
大誠社
掲載誌・レーベル
プリエール文庫
電子版発売日
2014年07月04日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

太陽と月の恋の流儀【イラスト付】 ~剣の皇女の花嫁試験~

購入済み

読み応えあり

(匿名) 2014年07月22日

ヒロイン芹に共感!サブキャラの人間性もうまく表現されていて、情景が浮かぶほど
文章のクオリティが高い。ヒーローが優柔不断で優しすぎるところがよかった。
普通ならきっとイラっとするけど、寡黙で真面目な雰囲気が文章からも、イラスト
からも伝わって、だからこそのこのヒロインって思える。
くどいエロ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

太陽と月の恋の流儀【イラスト付】 ~剣の皇女の花嫁試験~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年08月27日

貧乏小国のお姫様が裕福な大国の皇太子妃の選定の議に呼ばれて、迎えに来た護衛が実は皇太子その人だったって感じなのですが、貧乏だけど前向きに明るい芹姫もかわいかったし、皇太子の瑛水もクールだけじゃないってところでニヤニヤしちゃいました。

無理遣り芹の純潔を奪いながら、そのあとは芹に嫌われているかもって...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?