京都で生まれ育ち、環境との調和を探る建築家が、「見立てる」「巡る」「組む」「間をとる」「光と闇」など、12のキーワードから古都の魅力を新たに探る。五感で愉しむ散策ガイド。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年06月20日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

京都の空間意匠~12のキーワードで体感する~

Posted by ブクログ 2016年05月25日

分けて繋ぐ、見立てる、巡る、奥へ、くずすずらす、組む、間をとる、透ける、光と闇、水を生かす、生けどる、墨絵の世界。
12のキーワードで建築家の目線で解説された京都本。

自分がよく知った場所が出ていたので、著者の言うことをイメージすることはできたが、キーワードによっては、「?」となってしまった。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

京都の空間意匠~12のキーワードで体感する~

Posted by ブクログ 2011年04月09日

[ 内容 ]
京都は、神社、寺院、庭園を始めとして日本的な感覚が巧みに表現されている。
京都で生まれ育ち、環境との調和を探る建築家が、「見立てる」「巡る」「奥へ」「光と闇」など、12のキーワードから古都の魅力を新たに探る。

[ 目次 ]
分けて繋ぐ
見立てる
巡る
奥へ
くずす、ずらす
組む
間を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

京都の空間意匠~12のキーワードで体感する~

Posted by ブクログ 2009年12月05日

日本の伝統的な空間意匠について、簡潔な文章で説明されている。
具体的な場所の紹介が中心で、写真も豊富なため、非常に分かりやすい。
ややノスタルジックに流れてる感はありますが、好印象。

このレビューは参考になりましたか?