赤い糸の呻き
作者名 :

1巻配信中

価格 720円 (税込)

白昼に新聞紙を鷲掴みにして死んでいた男性に何が起こったのか――。音無美紀警部のめくるめく、ぬいぐるみへの妄想と、事件の対比が秀逸な、犯人当てミステリ「お弁当ぐるぐる」。停電時のエレベータ内で起こった殺人事件。もっとも怪しいのは、手や服を血で汚した指名手配の男だが。不可能犯罪を劇的に描く「赤い糸の呻き」。都筑道夫の〈物部太郎シリーズ〉の傑作パスティーシュ「墓標の庭」など、バラエティー豊かな5編を収録。“西澤ワールド”全開ともいえる、著者入魂の傑作短編集。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
306ページ
電子版発売日
2014年06月20日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2015年03月28日

短編パズラーが5作品入っています。どれも、「ああ、そうだったのか、スッキリ!!」という感じで爽快でした(というわけで、一つも謎解きに成功しませんでした。orz)

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2018年02月06日

初の西澤短編でしたが相変わらず切れ味抜群。
前半三編は大したことないが、ラスト二編は最高。
『対の住処』は五編中最も綺麗に収束する。「納得」の面白さで「共感」の無さを凌駕する作者にしては両者の均衡を上手く保った傑作。
表題作『赤い糸の呻き』はもう終始にやけてしまった。ある意味予想通りのお家芸で満足。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2017年06月13日

どの作品も親しみやすいキャラクターに軽いタッチで読ませるけれど、謎解きの先にゾッとするような人間の思いが突如として顔を覗かせる。表題作のラストは予想外で驚かされた。「墓標の庭」「終の住処」も好きなタイプ。

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2015年05月12日

西澤保彦は、個人的には当たり外れがある作家だが、どうやら短編集は命中率が高い。
5編、全て良かった。重要な導入は巧みで、オチは端的で予想外と、推理短編のポイントを押さえられた。
表題作と「お弁当ぐるぐる」は特に好き。
しかし、この短編だけでもキャラクター小説として成立しかねないくらい、キャラ描写もソ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2018年02月07日

5編からなる短編集。
どうもこの作者は長編がいい気がする。キャラがしっかりしている分だけ、短編で中途半端な設定を読まされても、もったいなくて仕方がない。
動機のくだらなさに、犯人の全く共感できない傍若無人ぶり、なんとも素晴らしい。それを仮説で導き出す趣向は快感である。

好みはやはり表題作。密室の中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2015年09月05日

ミステリーのバリエーションの見本のようだなと思いつつ、それでもやっぱり西澤ワールドなのが……。

一言、たぶんほとんどの読者がモン・スイユのショコラと言ってもわからないような気がするんですが。(ぶたぶたファンとしては確かに常識なんですけどね^_^;)

このレビューは参考になりましたか?

赤い糸の呻き

Posted by ブクログ 2014年12月07日

いろいろな殺人事件にまつわる短編集。表題作は捻りがあって面白かったが、残りは可もなく不可もなくという感じ。
西澤保彦というと「7回死んだ男」の記憶しかなかったが、
「なつこ、孤島に囚われ」の著者と思い出し、癖のある登場人物が多い理由がわかった気がした 笑。

このレビューは参考になりましたか?