「めェが捨てた命、この国芳が拾おう」

田坂伝八郎は、ひょんなことから浮世絵師・歌川国芳の弟子となる。門下の絵師として頭角を現して伝八には、国芳に言えない過去があった――。

岡田屋鉄蔵の描く江戸娯楽時代劇、ここに開幕ッ!!

ジャンル
出版社
太田出版
ページ数
184ページ
電子版発売日
2014年06月10日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ひらひら 国芳一門浮世譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年03月06日

歌川国芳一門を中心とした江戸の人間模様が非常に心地よかった。
浮世絵という不慣れな文化も、言葉による説明だけでなく絵で見せてくれるシーンが多いため理解がしやすく、知らない世界であってもすんなりと物語に入り込むことができた。

ただひとつ気になるのは、最後に関してはあれでよかったのか、ということ。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2015年02月22日

何故かBLの場所にあったので帯の絵に惹かれ購入。
非BLではあったものの出会えて良かったマンガでした。

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年06月30日

いいなあ。清濁すべてを受け入れ包み込む師匠。いいなあ。ほろっときたなあ。ますます浮世絵に興味もっちゃうなあ。

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2013年05月30日

歌川国芳の訳ありの弟子の物語。国芳の絵はほとんど出てこないけど、なかなか興味深いストーリーと、色っぽい絵にまいった!作者さん…なるほど…

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年12月30日

 歌川国芳ファン、そして時代劇ファンとしては存分に楽しめた漫画でした。「江戸」というか「時代劇」の粋を詰め込んだ作風。主人公は架空の人物ですけどその人物を配置することによって周囲の国芳や弟子達が生き生きとしている。
 そして国芳がなんとなく神域に見えてくるのは私の脳がおかしいからかしら・・・
 続編...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年09月02日

兄さん方の色気が半端ない(^O^三^O^)!!!!
あ、勿論漫画の内容自体も面白いけども兎に角みんなかっこいい
何となく買ったけどいいもん買ったわ・・・

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年06月26日

絵がすばらしい。話の結末がややするっと抜けすぎている感じがしないでもないが、全体としてみれば良いバランスなのかも。1冊で完結させるには惜しいようにも思うが、下手にシリーズものにしないほうがかえって良いのかもしれないとも思う。

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年05月10日

 さすが太田出版さん。これ、いいなぁ。

 これで終わりなの?残念すぎるよ。続き読みたい。

 わたしは、芳藤さんが好き。いや、キャラも素敵なんですけど、彼の作品はとてもいい。自分の作品に通じるものがあって、もっと彼のことを知りたいって思うの。

 芳雪さんの末路も見たいよ。続き、絶対みたい。

 ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年04月02日

2012/03/27
【超好き】非BL。 やっばい、すっげ面白かった。 入水自殺した武士:伝八を助けた浮世絵師:歌川国芳。 伝八は人には言えない過去があったが、師匠:国芳をはじめとする兄弟子たちや周囲の人に支えられ、新人絵師としてデビューが決まるまで。 この話、主人公はいちおう伝八だけど、真の主人公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ひらひら 国芳一門浮世譚

Posted by ブクログ 2012年02月23日

歌川国芳一門を中心に描いてるので、国芳好きなら買って損なし。大鯨のエピソードでにやりとしました。
江戸の雰囲気とか粋とか、その時代の風俗とかも伝わってきてとても楽しかった。

このレビューは参考になりましたか?