1980年から『ビッグコミックオリジナル』に連載され、単行本にもなった人気シリーズ『男の民俗学』(全3巻)。第1巻では刺青師、琵琶法師、煙突掃除職人、猿まわし匠など市井の職人や芸人たちに密着取材して、彼らの生の声と失われつつある技を、緻密なイラストと共感に満ちた文章で描く。昭和の男たちは自身と誇りに溢れていた。本書は、男が男として生きることを許された最後の時代である昭和の貴重な記録となっている。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2014年06月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 男の民俗学1 職人編 (小学館文庫)
    通常版 1巻 648円(税込)
    1980年から『ビッグコミックオリジナル』に連載され、単行本にもなった人気シリーズ『男の民俗学』(全3巻)。第1巻では刺青師、琵琶法師、煙突掃除職人、猿まわし匠など市井の職人や芸人たちに密着取材して...
  • 男の民俗学2 山野編 (小学館文庫)
    通常版 2巻 658円(税込)
    失われつつある日本の民俗を緻密な絵と骨太の文で記録した人気シリーズの第2弾。本巻では鷹匠、マタギ、木地師、炭焼き、漆掻きなど、野や山を生業の場としてきた男たちを取り上げます。山の神への信仰篤い...
  • 男の民俗学3 大漁編 (小学館文庫)
    通常版 3巻 658円(税込)
    失われゆく日本の貴重な技を、徹底的な取材と綿密な筆致で記録した人気シリーズ第3弾。鵜匠、海士、見突き漁、追い込み漁、網戸漁、ザザ虫捕りなど、海川を舞台に男たちが培ってきたさまざまな漁法、捕獲法...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。