まちがいだらけの包茎知識
作者名 :

1巻配信中

価格 1,728円 (税込)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

世間に流布している「皮かむりは一人前の男ではない」という強迫観念。「包茎は癌になる、女性にもてない、早漏になる…」といった包茎にまつわる俗説。そんなまちがいだらけの包茎知識にまどわされるな!実際に包茎手術を受けたことでアイデンティティ・クライシスに陥った青年が包茎手術にともなう後遺症の危険性を訴える。また、医療現場からは泌尿器科の専門医が包茎の基礎知識から実際の手術方法までを説明しながら包茎=無害であることを証明し、性教育のベテランが日本では避けられてきた肉体と性器の肯定学習の必要性を説く。いままで語られてこなかった包茎の正しい知識をガイドする。

ジャンル
出版社
青弓社
掲載誌・レーベル
寺子屋ブックス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年06月27日
紙の本の発売
2000年07月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

まちがいだらけの包茎知識

Posted by ブクログ 2007年02月10日

 元包茎手術のプロフェッショナルの著者によると「かぶれば包茎、むければOK!」。とても読みやすく、目からウロコの内容が多々あります。包茎手術をした人の手記もあります。
 包茎を主題に書かれた本としては本邦初だと思います。ちょっとでも気になってる人、気になってた人には一読を強くオススメします。
 包茎...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

まちがいだらけの包茎知識

Posted by ブクログ 2006年05月15日

包茎を切らずに治す主義の先生の話とか、手術したがゆえに違和感を感じて悩んで追い詰められた青年の例とか載ってました。包茎に悩んでいる人に、病院に行く前に読んでもらいたい本。読んでから考えても遅くはないと思います。読み物としても手軽です。

このレビューは参考になりましたか?