前向きに生きたい――誰もがそう願う。でもどうしても戻りたいあの日がある。会いたいあの人がいる。知りたい真実がある。今よりもっと前に進むために―――時を駆ける感動ロマン、開幕!!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
Oh スーパージャンプ
ページ数
205ページ
電子版発売日
2014年06月19日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 6

Posted by ブクログ 2013年12月21日

ついに最終巻!
最終巻ということで様々な謎が解かれ事実が明るみになる巻です。
最初はは絵のタッチが好きで表紙買いしたマンガだけど、読み終わってみるとなかなか感動するいい話でした。
綺麗にまとまってしまったので続きは出ることはないでしょうが、本編に出ていない依頼をこなすスピンオフ的な作品で今後また連載...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 5

Posted by ブクログ 2013年12月21日

ついに姉妹の物語が進み始める!
後半は亜紀編に戻って話は進み、最後は疑惑を残しつつ時間に続く。
このマンガの登場人物は、挫けながらもひたむきに頑張る人が多いなと思った

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 4

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年12月21日

死んだと思われていた妹の瑞紀編に突入!
この巻は今までどおり研究所を訪れる人に焦点を当てつつ、瑞紀の心に抱えたものについても書かれています。
読んでみて今までとまた違った印象をもって新鮮に楽しめました。
そして毎度のことですが、続きが気になる終わり方です。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 3

Posted by ブクログ 2013年12月20日

この巻も前巻の気になる部分からの続きから始まる。
そして後半では物語の核心に迫りつつひとつの可能性が出て希望が見つかる。
これまたとても気になるところで終わるので、すぐに続きが読みたくなる。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 2

Posted by ブクログ 2013年12月20日

一巻に引き続きよしづき先生の綺麗な絵が素晴らしい。
内容もただ研究所を訪れた人の過去の話から、少しずつ所長の過去について分かってきて……
気になる一巻の終わりから意味深な二巻の冒頭ときて非常に今後が気になる。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 1

Posted by ブクログ 2013年12月20日

まず絵のタッチが柔らかくて綺麗!
そして内容も夢を見ているのと同じ様なな感じとはいえ、タイムトラベル物でよく話題に登るタイムパラドックスについてもちゃんと配慮しているのが良かった。
人それぞれの過去に戻って確かめたいことについて焦点を当た泣ける話でとても良かった。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 6

Posted by ブクログ 2012年10月03日

完結編です。脳内タイムトラベルという秀逸な設定のままで、この家族のテーマを書き切ったらさらによかったのになぁ。

パラレル世界をだしたことでSF部分のリアリティがかえって少し落ちてしまったのが残念です。

でも、絵も、ストーリーも素晴らしいマンガです。おすすめー。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 5

Posted by ブクログ 2012年06月01日

亜紀編から瑞紀編へと変わり、瑞紀編での一つの大きな話からの始まり。
同時に物語全体が大きく動き出す巻。

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 1

Posted by ブクログ 2011年10月07日

人情系タイムトラベルモノ。
町一つバーチャルで再現し、仮想の過去に振り返って人生のターニングポイントを客観的に振り返られるサービスを運営する研究者の話。
バーチャルなのでタイムパラドックスが絶対に発生しない。

そこら辺奇跡を起こしていい話にするパターンが多いけど、あくまで過去と決着できた未来に希望...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

君と僕のアシアト~タイムトラベル春日研究所~ 3

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月21日

SFシリーズの3冊目。

正確に記録した過去のデータよる疑似タイムトラベル、という前提がもう面白い漫画です。
1巻の最後で大きな伏線をバシンと叩きつけられ、2巻でワクワクしてたら話が進まなくて、うぐぐと思っていたところで3巻は大きく話が進みました。
ここからどう展開するのかとても楽しみです。

そし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?