青春は、最も光り輝き、また絶望の時――。いったい私にとってヴァイオリンは何だったのか。恋人の焦燥と怒りで、左手を傷つけられた私に、皮肉にも亡き恩師ロゼーから名器グァルネリが贈られた。単身パリへ飛んだ私を待ち受けたのは、甘美な新しい恋だった――。女ごころの葛藤をきめ細かく描く!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
216ページ
電子版発売日
2014年06月06日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

Posted by ブクログ 2004年10月29日

中途半端な才能のヴァイオリン弾きである主人公が自分と被ってイタすぎる。お互いの後ろ暗い所に惹かれる恋は健全な恋よりも燃え盛る事がままあるが、絶対にハッピーエンドにはならないであろう。。

このレビューは参考になりましたか?