国家はどうやってあなたの資産を奪うのか?
愚者は黙って払い、賢者は知恵を絞って払う――。2014年4月にスタートした消費税8%をはじめ、各種の増税メニューが目白押しの現在。日本は確実に重税国家への道を歩んでいます。中には「死亡消費税」というプランまで挙がっているとか。知らないと取られ放題の税金について、その「傾向と対策」を説く本書は、現役税理士には絶対書けない「禁断の書」です。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
電子版発売日
2014年06月06日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

税務署が隠したい増税の正体

Posted by ブクログ 2015年11月26日

過酷な相続税の話はよく理解できた.ただ,その心配はないのが実態だ.住宅ローンの酷さもよく分かった.ノンリコースローンが普及していないのは,政府と銀行の策略だと思う.投資先を考えると頭が痛い.タンス預金が良いのかな.増税ばかり考える政府に,歳出自体の削減を本気で進める気はないのかもしれない.

このレビューは参考になりましたか?

税務署が隠したい増税の正体

Posted by ブクログ 2014年07月08日

日本は欧州諸国より負担率が高い「大きな政府」。マイナンバーで取り放題になる。住宅ローン減税やNISAは罠。重税国家は衰退する。課税の公平性を実現させること。

如何に過酷に課税されるか、逃げようのない暗く重い現実を、改めて知らさせます。

このレビューは参考になりましたか?