アベノミクス効果による景気回復もあり、日本の労働市場はここ数年で最も活気づいている。
 特に転職市場では大きな変化が起きている。長らく定説だった「転職35歳限界説」が崩れ始めているのだ。
 転職成功者のうち35歳以上が占める割合は07年に1割程度だったが、年々高まってきており、13年は2割強まで上がった。
 団塊ジュニアより後の若手世代は人口が先細り。企業が中途採用で従業員を補充しようとしても、転職35歳限界説にこだわりすぎると、欲しい人材を確保できない。

 「もうアラフォーだから」と転職をあきらめていた方、チャンスはあります!

  本誌は『週刊東洋経済』2014年1月25日号第2特集の10ページ分を抜粋して電子化したもので、お求めになりやすい価格となっています。

【主な内容】
崩れ始めた「35歳限界説」
中途ミドルが吹かせる新しい風
 大幸薬品/ナゴヤパッキング製造/ベネッセスタイルケア
カリスマコンサルタントが教える ミドル転職、7つの気構え
ネットの進化が生む転職の新たなカタチ

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
掲載誌・レーベル
週刊東洋経済
電子版発売日
2014年05月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。