宮城谷文学の集大成。現代日本の『三国志』決定版! 後漢王朝の衰亡――。建武元年(西暦25年)に始まる後漢王朝では、幼帝が続き、宮中は皇太后の外戚と宦官の勢力争いに明け暮れていた。正義の声は圧殺され、異民族の侵入が頻発し、地震や天候不順が続く。6代目の帝に皇子が生まれた時、守り役に1人の幼い宦官がついた。その名は曹騰(そうとう)。後に8代目順帝の右腕となった彼こそ、曹操の祖父である。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
電子版発売日
2014年05月30日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 三国志 第一巻
    通常版 1巻 669円(税込)
    宮城谷文学の集大成。現代日本の『三国志』決定版! 後漢王朝の衰亡――。建武元年(西暦25年)に始まる後漢王朝では、幼帝が続き、宮中は皇太后の外戚と宦官の勢力争いに明け暮れていた。正義の声は圧殺...
  • 三国志 第二巻
    通常版 2巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第2巻。黄巾の乱、起こる――。徳政を目指した順帝も急逝し、後漢王朝は外戚と宦官による腐敗を深めてゆく。そのような永寿元年(西暦155年)に、曹操は生まれた。続いて孫堅・劉備が。30...
  • 三国志 第三巻
    通常版 3巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第3巻。曹操、挙兵す――。霊帝が崩御すると、宮中で宦官の大殺戮が起きた。この混乱に乗じて力を得た董卓(とうたく)は独裁者となり、皇帝を長安へ移し、洛陽の都を焼き払う。各地の叛...
  • 三国志 第四巻
    通常版 4巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第4巻。劉備、徐州に起つ――。董卓に大敗した曹操は、エン州(えんしゅう)を拠点に黄巾軍を味方に引き入れていく。だが徐州の陶謙に父を殺され、仇討ちに徐州へ大虐殺の軍を進めている...
  • 三国志 第五巻
    通常版 5巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第5巻。震天動地の戦いがはじまる――。曹操はついに立った。天子を奉じることを決断、7年前に脱出した洛陽へと向かう。時代は、攅峰(さんぽう)を均(なら)すという作業をはじめた。...
  • 三国志 第六巻
    通常版 6巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第6巻。劉備、孔明を訪う――。袁氏を滅ぼし勢いづく曹操。だが、諸葛亮と劉備の出会いがその霸道を阻む。曹操、孫権、劉備。三者が天下に並び立つ完成図を胸に献策を続ける諸葛亮。次第...
  • 三国志 第七巻
    通常版 7巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第7巻。曹操、魏王となる――。荊州において劉備の勢力が膨張している。孫権は本気で荊州を劉備に任せたのであろうか。北方にいる曹操の目には、両者は協調しているように映る。そして西...
  • 三国志 第八巻
    通常版 8巻 640円(税込)
    『三国志』決定版、第8巻。英雄たちの葬送――。戦え、と天はわれに命じている。天意を感じた関羽はわずかに笑み、そして孫権の兵に突入し斃(たお)れた。復讐を誓い荊州に出兵した劉備だったが、自らも死...
  • 三国志 第九巻
    通常版 9巻 640円(税込)
    建興5年。蜀の諸葛亮(孔明)は皇帝に上表をおこない、魏を攻めるための軍を発した。そのとき書かれたのが歴史に名高い「出師の表」である。漢中に駐屯した諸葛亮は魏の太守を寝返らせるが、その太守はす...
  • 三国志 第十巻
    通常版 10巻 680円(税込)
    劉備亡き後の蜀を長く支えてきた諸葛亮(孔明)は重篤な病のために倒れ、建興12年8月、五丈原で死を迎える。享年54。その後蜀では以前から諸葛亮に反感を抱いていた魏延と、その魏延を非難する楊儀の対立...

三国志 第六巻

Posted by ブクログ 2017年01月09日

赤壁。周瑜が劉備一行に対してすごく冷たい。諸葛亮とは知らないひとどうし。劉備たちの蚊帳の外感が半端じゃないしすごくやる気がない。

劉備のことが嫌いで一貫して塩対応な周瑜が新鮮だった。長生きしてほしい(無理)

もう棄てることができないということは、これから失うものが増えるということのフラグだ

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第十二巻

Posted by ブクログ 2015年06月18日

宮城谷昌光の「三国志」全12巻を読み終えました。
作者の文章に慣れてきたのか、比較的スムーズに読むことができました。
相変わらず、登場人物の多さには閉口しました、1200人余りだそうです。
しかしながら、わかりづらいのは人名だけでなく、地名もです。
ある武将が何処から移動して、どこで戦ったのか地名だ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第七巻

Posted by ブクログ 2014年06月19日

文章の中身は全く文句なく素晴らしいのですが、巻頭部分にある地図が余りにも貧弱で隔靴掻痒の感ありです。例えば、合肥という地名は記されておらず、「三国志事典」(岩波ジュニア新書)ではじめてわかりました。でも、公安という所は両書とも記載されていません。それに、デジタル化の時代ですから、地名と人名の索引は別...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第九巻

Posted by ブクログ 2014年01月01日

もう前巻までの話を忘れちゃったよ。
劉備亡き後の蜀と魏の争いから、燕の公孫淵の自立に向かう話まで。
諸葛亮の軍略のまずさなど、従来の三国志にはない具体的な書き方。相変わらず本当に細かいマイナーな人までフィーチャーしている。

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第九巻

Posted by ブクログ 2013年11月05日

魏は曹叡の時代へ。そして、呉は孫権が皇帝を称し、魏の曹叡、蜀の劉禅とと天下に三帝が存在することに。
蜀は諸葛亮が出師の表により北伐を開始するが拙い戦いで、、、

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第八巻

Posted by ブクログ 2013年06月09日

ただただ淡々と淡々と進んでいく
主要人物が軒並み亡くなったいくが、特に大きな盛り上がりもなく、訃報を伝えるがごとく、淡々と
新巻が楽しみです

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第六巻

Posted by ブクログ 2013年01月06日

面白いです。
史実への忠実さを感じます。吉川三国志がどうしてもベースにありますが、演義ではないより客観的な三国志が読みたい方には最適と思います。

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第一巻

Posted by ブクログ 2012年12月17日

 「今から三国志の話するけど、その前の後漢のことについても知ってないといけないよね!?」、ってことで曹操も劉備も孫堅も出てこないようなところから始まる。異色と言えば異色の三国志。
 後半の巻になると、キーになる人物にスポットを当てて、流れ自体は淡々と進めていく印象があるけど、このあたりはまだ物語を読...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第一巻

Posted by ブクログ 2011年12月08日

「底なし三国志沼」の入り口へようこそ。

いつまでたっても曹操も劉備もでてきません。

しかし、それでいいのです。

外戚・宦官。光武帝の子孫は翻弄されつつ皇帝の座は形骸化して行き、積み重なった側近の私欲の結果、天下にようやく乱がおとずれます。
吉川三国志では空気同然の人(コーホスウ?何の人だっけ?...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

三国志 第七巻

Posted by ブクログ 2011年11月21日

おもしろいなぁ。小説としては情報が細かすぎて読みづらい感があった今までが、俄然生きてきたんじゃないか?
それぞれの来歴を踏まえた役割がかえってわかりやすい。
次はまた来年かぁ。待ち遠しいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?