「欲しいのは、あの男の魂だけ」。人間になりたくてなりたくて、地上にあがった河童?星河。しかし人間になるためには、誰かの“身も心も”手に入れて、その魂を奪わなければならない。星河は、冷たい目をした章吾という少年の魂を狙う。だが、いつしか星河は彼に惹かれていく……。深くせつない、妖異族?河童の恋のものがたり。

ジャンル
出版社
新書館
掲載誌・レーベル
ウィングス
電子版発売日
2014年07月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 鬼外カルテ(1) 水中童子
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    「欲しいのは、あの男の魂だけ」。人間になりたくてなりたくて、地上にあがった河童?星河。しかし人間になるためには、誰かの“身も心も”手に入れて、その魂を奪わなければならない。星河は、冷たい目をした...
  • 鬼外カルテ(2) GoIden Child(1)
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    たった今、目の前で事故で死んだはずの双子の姉が、泣き叫ぶ実(みのり)の前に現れた。何かが違うのだが、実はそれを姉だと信じた。だが、実の声に呼ばれてやって来たのは、本当は座敷童子(ざしきわらし)だ...
  • 鬼外カルテ(2) GoIden Child(2)
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    真(まこと)の姿を捨て、実(みのり)のもとを去った座敷童子。座敷童子を“Golden Child”と呼び、探し続けていた遠山と契約し、彼の望む醒夢(せいむ)という少女となったのだ。だが、火事で何もかも失った実と...
  • 鬼外カルテ(3) 花も雪もきっと…(1)
    完結
    通常版 4巻 540円(税込)
    時は元禄、江戸時代。酒見世の若主人・十郎左は、ある日、耳と尻尾のある奇妙な女の子を拾った。菊と名づけた彼女は、言葉もしゃべれるのに、他の者にはその言葉は聞こえず、犬の子にしか見えないらしい。...
  • 鬼外カルテ(3) 花も雪もきっと…(2)
    完結
    通常版 5巻 540円(税込)
    美しく成長した雨は、十郎左を恋い慕うようになる。だが、十郎左の中には消し去れない面影がひとつ??それは、幕府の命によって、無念の切腹をした赤穂の浅野内匠頭だった……。“たった一人、その人のためなら...
  • 鬼外カルテ(4) 1/2<One half>
    完結
    通常版 6巻 540円(税込)
    下っ端のヤクザの篠田吾郎(しのだごろう)は、銃で撃たれて死んだはずなのに、気がついたら怪我もなく生きていて、しかも名前も知らない青年になっていた。おまけに、「相方(あいかた)」と名乗るヤツが、自...
  • 鬼外カルテ(5) なつゆき姫
    完結
    通常版 7巻 540円(税込)
    「雪女」と書いてゆきめ。花屋でアルバイトをしている彼女は、実は正真正銘のゆきおんな。母がいなくなってからずっと独りだった彼女は、人間の魂を奪って子供をつくろうと考えていた。そんな彼女が出会っ...
  • 鬼外カルテ(6) Shiranami~白浪~(1)
    完結
    通常版 8巻 540円(税込)
    弁天(べんてん)が虚空族(こくうぞく)になったのは、ある男を探し出すため。ようやく手かがリを掴んだ弁天は、彼を追い詰めた。銀行強盗を働き、少女を連れて逃亡していたイレズミの男・南宮(なんぐう)。長...
  • 鬼外カルテ(6) Shiranami~白浪~(2)
    完結
    通常版 9巻 540円(税込)
    鷹弥(たかや)は武士を捨て家を捨て、「おかしら」のもとで義賊(ぎぞく)となった。自分たちの正義を貫き、新しい国を作る。理想と戦いの混沌(こんとん)の中、鷹弥には自分に想いをよせる、しずくの気持ちも...
  • 鬼外カルテ(6) Shiranami~白浪~(3)
    完結
    通常版 10巻 540円(税込)
    夢の終わりの時がきた。京に潜伏していた鷹弥(たかや)=弁天は捕えられ、おかしらや仲間たちも捕まった。だがおかしらの命(めい)で脱走し訪ねた遊女は、絶命寸前のしずくだった。すべては南宮(なんぐう)の裏...

鬼外カルテ(12) 猫の王国

Posted by ブクログ 2012年07月05日

ノラ猫にエサをやるなら自分で飼うべきだし、避妊手術を受けさせるべきだし、小手先だけでいい人になるのは、簡単なのですよ。
見せかけだけのボランティア精神にはうんざりだよ、色んな意味で。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(14) 非常ノヒト(1)

Posted by ブクログ 2009年04月25日

中学の頃から10年以上読み続けてた鬼外カルテの最終話。(読み始めた頃にやってたのは座敷わらしだった!2作目?)

ノリがだいぶ他のシリーズと違って、特にここ数年恋愛寄りのお話が多かったように思うので、それらが好きで読んできた人にはもしかしたら拍子抜けかもしれないなとは思うけど、私にとってもシリーズ史...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(14) 非常ノヒト(1)

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その14

ついにシリーズ完結巻。

今まで謎に包まれていた「福内鬼外(ふくうち きがい)」の過去が明かされる。
なぜ虚空族になったのか、過去に何があったのかなどなど。

現代と過去をいったりきたりします。過去8割現代2割。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(13) 太夫(1)

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その13
2巻完結。

太夫ちゃんのお話。

かの有名な「高尾太夫」は運命の相手を捜し求めて虚空族になった。いつも鬼外に「見つかったか?」と聞かれては首を横に振る太夫だったが、現代日本で、ある日一人のスリ少年と出あった事で事態は一変する。

凛とし、すっとした太夫が見られます。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(12) 猫の王国

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その12

不思議系少女「美埜(みや)」と、猫又「カシャ」のお話。

ぬいぐるみの「ケットシー」のため、猫の王国を探してと美埜はカシャに頼む。

傷ついて傷ついて、傷ついた先で見つけた場所は幸せか否か。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(11) ミナス・ダ・プラタ

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリ−ズ その11

一通のメールによって、銀山に招かれた人々。心に抱えた重い物をこの場でどう解消して行くか。そしてメールの主は何が狙いなのか。

ミナス・ダ・プラタといえば日本語で「石見銀山」の事。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(10) ゆめに雪 そらに花

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その10
(『花も雪もきっと…』の続編)

「十郎左衛門」と離れ離れになってしまった「ビィ(ピィ)」。
時代は現代、ある日鬼外の家に胃薬をもらいにきた獏に夢を見られ…。

純粋な気持ちが溢れこぼれるお話です。
ラストシーンは良かったね、という気持ちと同時に、太夫と同じように寂しく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(9) プリンス・マーメイド

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼ソロカルテシリーズ その9

ある日、「渚生(かない)」の前に海から突然あがってきたのはなんと人魚王子様!
小さい頃失踪した父と交わした「渚生との結婚」の約束を守るために上がってきたのだという。

しっかり物のるりちゃんが案外情熱的で萌えでした。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(8) マチビト

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その8

テングのお話。

過去に辛い事があり、虚空族になった「テング」。顔の片側のお面の秘密、過去にあった事件、そして新たな恋の物語。

とても切ない話だけれど、この話が与えてくれるのはそれだけではありません。

このレビューは参考になりましたか?

鬼外カルテ(6) Shiranami~白浪~(1)

Posted by ブクログ 2008年01月18日

鬼外カルテシリーズ その6
3巻完結。

ついに弁天の物語が!
弁天が虚空族になってまで探し追いかけていた人物をついに発見した。
それたとても大切な人のカタキ。
過去のしがらみを越えて得られる物は何なのか。あの頃の自分達は何だったのか。

涙が、じわっときます。

このレビューは参考になりましたか?