偉人たちの意外な「泣き言」
作者名 :

1巻配信中

価格 650円 (税込)

リンカーン、二宮尊徳、キュリー夫人……強靭な精神の持ち主だからこそ、素晴らしい偉業を成し遂げられたように伝記では書かれている偉人たち。しかし実際は、人間関係や経済苦、持病で悩んだりして、「辞めたい」「投げ出したい」「死にたい」と情けないグチや弱音を吐いていることも多い。本企画は、「死にとうない」(一休宗純)、「生活が苦しいので転職します」(バッハ)など、古今東西の偉人のぼやきを集めた迷言集。<本書で取り上げている言葉の一部>「沈黙を学べ、ああ、友よ」ベートーヴェン「少ない給料のために若造に頭を下げるなんてイヤだ」陶淵明「故郷のハエまでがわたしに冷たい」小林一茶「結婚することは、地獄へ行くことだと思う」リンカーン「こんなことなら華佗を殺すんじゃなかった」曹操「俺のせいじゃない!」手塚治虫「苦しい、つらい、息ができない、だるい、死にたい」カント天才も凡人も悩みは同じ、読めば勇気が湧いてくる!

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2014年05月23日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

偉人たちの意外な「泣き言」

Posted by ブクログ 2014年02月10日

偉人の意外な一面が垣間見れました。愚痴りたくなるよねぇ。ぼやきたくなるよねぇ。泣き言言いたくなるよねぇ。消せないから残っちゃったんですねぇ。凡人の私がブリブリいうのは当たり前?安心しました。

このレビューは参考になりましたか?

偉人たちの意外な「泣き言」

Posted by ブクログ 2015年01月06日

偉人たちの意外な(どちらかと言うとネガティブな)苦悩、弱味といった面に言及している。西洋の哲学者が結婚に対してシニカルなコメントをしているのが幾つか目についた。ネタ本として楽しめる。

このレビューは参考になりましたか?

偉人たちの意外な「泣き言」

Posted by ブクログ 2014年03月06日

偉人の言葉はともかく、その紹介の仕方が思ってたより俗っぽかったのが残念。
黒田官兵衛と小早川隆景の友情話が一番印象に残りました。

このレビューは参考になりましたか?