年収が300万円の人もいれば3000万円の人もいます。1日は24時間、誰にでも平等に与えられているのに、違いはいったい何なのか? それはお金に対してどう向き合い、どのように考えているのかだけです。リストラが増え、給料が伸びない時代。節約するのはもっともですが、節約のために行動範囲を減らしていては、思考も狭まりお金の悪循環を繰り返すことに。実は節約は貧乏のはじまりなのです。本書は33歳で3億円つくった著者が「貯める」「増やす」「稼ぐ」「使う」「コントロール」、5つの「お金の才能」の鍛え方を教える、一生お金に困らず豊かに暮らすための人生戦略術。

ジャンル
出版社
かんき出版
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年05月23日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

お金の才能

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年04月14日

・お金はしょせん道具にすぎません。 使い方をまちがえると「せこい」「みみっちい」という格印をおされます。 ”お金を稼ぐのにきょゆ用はいらない。しかしお金を使うには教養が必要だ” という養老孟子氏。

・成功者のお金の使い方はとにかく「粋」です。
使うべき時にはドバッとふるまい、無駄なものにはビタ一文...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2011年11月29日

今の自分の年収が300万円なら、それが今までの結果ですし、そうなるような選択をして行動してきただけのことだと言えます。

ぐぬぬ…確かに将来何やりたいなんて考えないまま就活した結果がこれだよ。その通りです。すいませんでした。

お金を貯める才能、お金をコントロールする才能、お金を増やす才能、お金を使...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2011年10月18日

一日で読める手軽さ。とりあえず皆がするから乗っかるということを嫌う。この本読んでしまうと、新興国、先物が気になるし、うっかり不動産投資に手を出したくなってしまう。うまいなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2011年08月12日

午堂節の集大成。わたしは好きです。今までの本で出てきたことも多いけど、紹介されていた中に、確か本田直之さんの言葉「人間の幅を広げるには、人に会うこと、本を読むこと、旅をすること」家賃が10万円で、書籍代が1/10の1万円はないんじゃない?、と。久々にいろいろ思い出せました。
補足:コントローラブルな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2011年07月29日

自分が儲ける為にはまず、相手に儲けさせなければいけない

つまり、人に何かお願するならば、
それ以上のメリットをまず自分から提供しなければいけません

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2011年06月29日

知ってるようで、知らない内容。
大学生あたりが読めばかなり勉強になるのではないだろうか?
私の友人の親の経営者さんとか話しても似たようなお話をしてます。
また、税理士さんも似たようなお話をしています。当方のような、大学生にはなかなか良い本かと。

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2010年12月18日

書いている事は普通。
だけど、サクサク読めてアッパーになる文章が良かった。

5つのお金の才能
貯める才能
情報を読み解きコントロールする才能
増やす才能
つかう才能
稼ぐ才能

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2009年12月30日

お金の才能とは、いわゆる常識という固定観念をはずす習慣をつけ、充実した人生を送るために、お金という道具を自由自在に操る力なのです。
この本でのお金の才能とは
「お金を貯める才能」
「情報を読み解き、お金をコントロールする才能」
「お金を増やす才能」
「お金を使う才能」
「お金を稼ぐ才能」
の5つから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2018年05月06日

日本人としてのお金の投資方法や使い方について、平易に書かれている。頭では理解できたものの、実践するのはなかなか難しい感じもした。

このレビューは参考になりましたか?

お金の才能

Posted by ブクログ 2014年11月13日

”お金の才能”という聞きなれない言葉がこの本のタイトルになっていますが、要はしっかり自分の仕事をし、使われる側から使う方(創る人間)に成れと説いています。

このレビューは参考になりましたか?