▼第1話/革離、易水を渡る▼第2話/革離、宣言する▼第3話/革離、城壁をなおす▼第4話/革離、敵兵を斬る▼第5話/革離、強者をのぞむ▼第6話/革離、武器を作る▼第7話/使者、来たる▼第8話/模擬戦▼第9話/開戦▼第10話/蔡丘、立つ ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団から、梁城を守るために唯一人でやってきた墨者) ●あらすじ/約2300年前韓・魏・趙・齊・燕・秦・楚の七国が争う戦国時代の中国。超の大軍が、燕の小城、梁城を落とそうと、国境の易水川岸に軍を構えていた。梁城では、城を守るため城邑防衛のエキスパート集団、墨家から墨者を呼んだ。しかし、やって来たのは唯一人、革離のみだった(第1話)。▼一万五千の趙軍がやって来るまで後一か月。革離はその短い間に城壁を修理し、武器をととのえ、農民を兵に鍛え上げるために、城内の全権を自分に与えろと城主、梁渓に迫り、将軍たちの不快を買う。夜になって、死ぬのがいやで逃げ出した農民の蔡丘の妻が産気付いき、取り押さえられる。夜が開けると城壁の外に狼の頭が刺された竹槍が立てられていた。革離はそれが城内に潜り込んだ趙兵の仕業と見破る(第2話)。 ●本巻の特徴/戦国時代の中国で、殺人行為を否定し、城邑を守ることで戦争を終わらせようとした墨家教団のひとり、革離の登場シーンから初戦の勝利までが描かれる。また、敵方の巷淹中将軍に、墨家の内情を見破られる(第8話)。 ●その他の登場キャラクター/梁城城主・梁渓(第1話)、梁渓の息子・梁適(第2話)、農夫・蔡丘(第2話)、梁適の兄・梁魁(第5話)、巷淹中将軍(第7話) ●その他のデータ/孫子の兵法(墨子と反対に、敵を攻めるための法)

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
ビッグコミック
ページ数
226ページ
電子版発売日
2014年05月26日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • 墨攻(ぼっこう)(1)
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    ▼第1話/革離、易水を渡る▼第2話/革離、宣言する▼第3話/革離、城壁をなおす▼第4話/革離、敵兵を斬る▼第5話/革離、強者をのぞむ▼第6話/革離、武器を作る▼第7話/使者、来たる▼第8話/模擬戦▼第9話/開戦▼第10話/...
  • 墨攻(ぼっこう)(2)
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    ▼第1話/暗殺者▼第2話/死闘▼第3話/革離、倒れる▼第4話/来訪者▼第5話/返答▼第6話/地の竜▼第7話/穴攻▼第8話/満月の夜▼第9話/殲滅▼第10話/古傷 ●登場人物/革離(梁城を守るために唯一人でやってきた墨者) ●あ...
  • 墨攻(ぼっこう)(3)
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    ▼第1話/刺客▼第2話/邯鄲よりの使者▼第3話/巷の旗の下に▼第4話/油断▼第5話/攪乱▼第6話/殺戮▼第7話/梁魁の最期▼第8話/笑い顔▼第9話/急変▼第10話/革離、城を出る ●登場人物/革離(梁城を守るために唯一人でや...
  • 墨攻(ぼっこう)(4)
    完結
    通常版 4巻 540円(税込)
    ▼第1話/革離なき梁城▼第2話/蔡丘、頑張る▼第3話/邑民の自立▼第4話/死者からの伝言▼第5話/総攻撃▼第6話/新兵器▼第7話/南門の攻防▼第8話/落城▼第9話/秘策▼第10話/決着 ●登場人物/革離(梁城を守るために唯一...
  • 墨攻(ぼっこう)(5)
    完結
    通常版 5巻 540円(税込)
    ▼第1話/革離、墨家に帰る▼第2話/四伯翳▼第3話/幽閉▼第4話/脱出▼第5話/月蝕▼第6話/陽動▼第7話/飛蝗▼第8話/蝗嵐 ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団の墨者) ●あらすじ/田襄子の命に背いた裏切り...
  • 墨攻(ぼっこう)(6)
    完結
    通常版 6巻 540円(税込)
    ▼第1話/虫部隊▼第2話/仲間▼第3話/顔狩り▼第4話/乱入▼第5話/鼠の正体▼第6話/燃える水▼第7話/拷問▼第8話/救出 ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団から追われている墨者) ●あらすじ/治水工事を手...
  • 墨攻(ぼっこう)(7)
    完結
    通常版 7巻 540円(税込)
    ▼第1話/襲撃▼第2話/秦王の首▼第3話/贈り物▼第4話/姿なき追手▼第5話/邯鄲へ▼第6話/生き埋め▼第7話/処刑▼第8話/革離の円▼第9話/円の攻防▼第10話/秦へ ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団から追わ...
  • 墨攻(ぼっこう)(8)
    完結
    通常版 8巻 540円(税込)
    ▼第1話/再会▼第2話/閉門▼第3話/悲しき間者▼第4話/じゃじゃ馬▼第5話/突破口▼第6話/国境の攻防▼第7話/奇貨、居くべし▼第8話/出生の秘密▼第9話/大地への誓い ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団か...
  • 墨攻(ぼっこう)(9)
    完結
    通常版 9巻 540円(税込)
    ▼第1話/一触即発▼第2話/国境異変▼第3話/狙撃者▼第4話/呼びかけ▼第5話/試練▼第6話/秘密兵器▼第7話/孵化▼第8話/壊滅▼第9話/長虎豹変▼第10話/国境突破 ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団から追わ...
  • 墨攻(ぼっこう)(10)
    完結
    通常版 10巻 540円(税込)
    ▼第1話/東壁▼第2話/反乱計画▼第3話/間者夫陳▼第4話/偽装工作▼第5話/夫陳の影▼第6話/反乱前夜▼第7話/煙の壁▼第8話/狂壁▼第9話/蘭鋳死す▼第10話/革離捕獲作戦 ●登場人物/革離(城邑防衛を専らとする墨子教団...

墨攻(ぼっこう)(11)

購入済み

めっちゃ

イチナルモノ 2017年12月14日

名作なんだが

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(2)

羅刹那 2017年03月12日

古代中国の生々しい現実の一端が画けているような気がする。忘れ得ないシーンが、いつまでも残像で残ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(11)

Posted by ブクログ 2013年05月01日

最終巻。急展開ながら、希望と問いかけを感じる終わり方だったと思います。連載開始が20年前ながら、こめられたメッセージは色褪せず。多くの人に読んで欲しい作品。

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(2)

Posted by ブクログ 2013年05月01日

中国にある一つの国の中の一つの城。小さな世界と流されてしまう場所に、こんなにも多くのドラマが。戦で死ぬのは、そこに住む全ての人々だということ。この視点は重要。絶対に目を背けてはいけない。

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(4)

Posted by ブクログ 2010年05月04日

これで梁城の話は決着がつくんですね。
映画はここまで。映画と違って主人公が追い出された恨みつらみをくどく描いたりせず洪水で片をつける。情にからめないとこがスッキリしていていい。
投人器といった武器、兵の闘争心(連絡ができないので自分を死体として出して傷跡を残すなど)など一味違った展開を見せて読み応え...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(1)

Posted by ブクログ 2010年04月04日

幼い私の心に良い意味でもそうでない意味でも大きな跡を残してくれた。非攻という考え、それを貫く意志。争いの醜さと痛ましさと残酷さ。攻めるだけが正しいわけなく、守り抜くという態度は消極的攻撃であり積極的防御でもある。森氏の描く男はいつも格好良くて参る……。
追記:映画化決定

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(1)

Posted by ブクログ 2004年10月01日

痛い、臭いというような五感をきちんと描ききってある。それこそが人間性でありすばらしい。強靭なプライドは痛快です。

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(1)

Posted by ブクログ 2013年10月10日

守のエキスパート墨家であるスキンヘッドな漢の生きざまを描いた中国戦乱記。武将ではなく庶民からの目線で戦をとらえています。
城の守りについての内部の動き、虫という刺客のアイデアなど無駄なくストーリーが進行していく展開が好きです。

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(2)

Posted by ブクログ 2012年10月12日

p.150
革離
「戦の勝ち負けは死者の数で決まる!今が勝負時なのだ!!」
シュミレーションゲームが好きで、
三国志や信長の野望をよくやりました。
大戦略はあまりやらなかったけど
今はhex-empire
でもねゲームと事実は違うと思ってはいるんです。
現代になっても無くならない戦争。
現在は武器も...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

墨攻(ぼっこう)(1)

Posted by ブクログ 2012年10月10日

主人公、革離には覚悟がある。
取り繕うべきプライドはあまりない。
それは信念があり、覚悟があるからである。
その他の事はどうでもよい。

普通の登場人物にはプライドがある。
権力というプライドだったりする。

プライドは肩書につく。
個人につくのは覚悟や信念である。

似たような感じで全く違うものだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?