19世紀末のアジアに突如現れた謎の国、大日本帝国。
その国はまたたく間に中央集権体制を作り上げ、富国強兵のスローガンのもと、怒濤の勢いで成長を続けた。そして誕生からわずか30年で、当時、アジアの盟主の座に君臨していた清国を打倒。その10年後には、ヨーロッパ最強の陸軍を有する大国ロシアをも打ち破ってしまった。
大日本帝国は、いかにして作られ、成長し、そして倒れていったのか。
『ナチスの発明』の著者、武田知弘が日本史のタブーに迫る。

ジャンル
出版社
彩図社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2014年05月16日
紙の本の発売
2011年10月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年04月29日

大日本帝国というと、「軍国主義の時代」「アジア中が日本の戦争のために犠牲になった時代」など、暗黒時代の象徴として語られることが多い。"War Guilt Information Program" (連合国軍最高司令官総司令部が行った自虐的歴史観を植え付ける洗脳計画)に洗脳された公...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

Posted by ブクログ 2014年03月02日

戦後教育では恰も戦前の日本が異常な国であったかのやうにいはれるが、ごく普通の国であったといふことがよく分かる本。幕末から大東亜戦争終戦までが、「なぜ?」といふ観点から分かり易く書かれてゐる。自虐史観でもなく、かと言って戦前のすべてが正義だったといふ史観でもない。極めて客観的に書かれた好著だと思ふ。た...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

Posted by ブクログ 2013年11月28日

一見,どちらかの思想に偏った本かと思える表紙だが,内容は冷静で大局的で温かいものがある。歴史を学ぶ意味が失われつつあるように感じられる今読まれるべき本である。今われわれは何処にいて今後進むべき道を自覚するために。

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

Posted by ブクログ 2013年09月15日

戦争映画ばかり観て興味を持っていた大日本帝国。
コンビニで見つけ買ってみました。

『教科書に載っていない大日本帝国の真実』というタイトルですが、僕は教科書で近代日本史について全然勉強してこなかったので固定観念の無い自然な無知さで読むことができました。えっへん。

明治維新から太平洋戦争の終戦までの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

Posted by ブクログ 2012年06月16日

中学高校時代ともに歴史の時間はあったのですが、現代史は殆ど学ばなかったと記憶しています。従って現代史は社会人になって、それもごく最近に本によって学びました。戦前の日本は資源もないのに軍部が暴走して無謀な戦争に突入した、というイメージが払拭されたのが、この本の著者である武田氏の書かれた本(戦前の日本)...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年03月31日

あれだけめざましい発展を遂げた大日本帝国ですが、意外にもその政治システムは権力の一極集中ではなく、権力が分散されて責任の所在が不明確なものだったということに驚きました。
そのため、太平洋戦争前の昭和初期には様々な経済・国際問題が多発していたにも関わらず、政治家は無為無策でなにもできないという、現在の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

教科書には載っていない 大日本帝国の真実

Posted by ブクログ 2014年01月04日

正に教科書には載っていない内容だった。出来事の事実だけでなく、どうしてそれが起こったかをわかりやすく書いている。日本側から見た解釈もあり、教科書では諸外国から反発を呼ぶのだろう。義務教育では近代史は、あまりやらない。重要なのに。

このレビューは参考になりましたか?