老女王ブリジット二世の危篤を迎え、王位継承をめぐる争いの渦中にあるアルビオン王国。教皇とともに王都ロンディニウムを訪れたエステルは、そこで自身の出生の秘密を巡る、血塗られた策謀に巻き込まれる! 一方、エステルを襲ったテロリストを追うアベルは、切り裂き魔ジャック・ザ・リッパーの凶刃に倒れ……!? 『トリ・ブラ』R.O.M.バージョンの第5幕、衝撃の新展開が電子化!──汝、目をそらすことなかれ!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川スニーカー文庫
電子版発売日
2014年05月25日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2016年07月17日

遂にカイン、登場。
と同時に、もうあと1巻を残すのみと知っている身としては、ページをめくるのが悲しくて悲しくて。いつもは茶化したことばかりを軽やかに綴る吉田氏が、今回のあとがきでは並々ならぬ熱意でこれからの話を書かれているのも、悲しくてならないです。

RAMではお馴染みのワーズワース教授が大活躍し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2015年12月16日

ついにヒロインエステルの故郷であるアルビオンへ。エステルの身体能力の異常さと運の良さはいかにもライトノベルという感じだが、作中のキャラクタの心理描写や世界観や文章の表現力は相変わらずライトノベルではないレベル。でも出てくる女キャラクタが全員美人ということと、みっともない子という設定のアレクがイラスト...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2009年01月24日

ついにきました王国アルビオン(イギリス)編! エステル即位までのお話。6巻までの二作で前後編かな?
初登場の血縁上の姉・メアリがきびきびしていて格好良いなーと思いきやいきなりエステル暗殺の危機。
地下に住む吸血鬼の居住地(イースト・エンドだったかな?)に逃げこむアレッサンドロとうさぎの組み合わせが和...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2005年07月30日

トリブラシリーズの中でもこの巻は鬼気迫る才能を感じずにはいられません。
 “におい”や“皮膚感覚”へ投げかけられる臨場感は、ジュニア小説とは思えず、ジャンルに対する見方が変わったのも事実です。
 残念ながら作者の吉田直氏は急に他界されてしまいました。
 しかし、作品はみなに語り継がれていかれる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年06月16日

すごい引きで終了。最初は人間対悪の吸血鬼という構図だったが、ここまで来ると人間対人間の話と感じた。メトセラと言っても彼らは人間なのだ。茨の宝冠は所持しているのだがその先はもう読めないと分かっているので読むに読めない。ラノベとは思えないほど作り込まれた大作なだけに無念。

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2016年10月12日

エステルの出生や身分が明らかになる巻…なのに、自分勝手な思いで動き過ぎてて振り回される回りが気の毒。
やっぱり性格が受け付けない…。

事実上、姉となるメアリの野心が沸々と垣間見えるけれど、実は不遇で不憫なのよね。

終盤のカイン&ケンプファーとアベルの対峙する場面は、もうなんとも言えないというか過...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2014年08月28日

聖下、アイデンティティに目覚める、の巻(笑)
4-6巻はアベルを始めとして主要人物も大活躍しますし、エステルに至ってはシスター→聖女→女王と波乱万丈な流れですが、そんな中でも一番成長してるのは聖下じゃないかな、と思っています。そして聖下が動くときに良い味を出すのがブラザー・ペテロなんですよね…。本当...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

トリニティ・ブラッド Reborn on the Mars V 薔薇の玉座

Posted by ブクログ 2007年11月20日

借本。
6巻が気になるところだけど、多少違和感を感じた本。
立て続けにシリーズ読んできたからかな?

このレビューは参考になりましたか?