「4つの思考ステップで、すべての問題は解決できる」。"人間の思考"を分析してきた気鋭のロボット工学者は断言する!あなたは仕事から人生までを考える"マネージャー"(経営者)だ。自らの頭でビジョンを創る思考法。

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川oneテーマ21
電子版発売日
2014年05月13日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2015年09月17日

慶應SDM前野教授の著書。要素還元思考、システム思考、ポスト・システム思考、システム思想という4つの思考法を紹介。本書は大きな可能性を秘めた内容だと思いますが、消化しきれなかったため、改めて読み直したいと思います。

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年04月21日

現代とは、本質的に普遍的なものは何もないことが明らかになった時代であるにもかからわず、私たちは次々と新たな決定をするために普遍性を追求せざるを得ない。科学や論理は、仮定またはモデルに過ぎず、哲学はニヒリズムに陥らざるを得ないことが自明であるにもかかわらず、相変わらず私たち人間は、それに飽き足らず、真...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年07月11日

要素還元思考、システム思考、ポスト・システム思考、そしてシステム思想と思考を4段階にレベル分けし、それぞれの思考について述べられた一冊。
釈迦の「空」にも触れられており、世界をどのように捉えるのか、という視点であり興味深い。
最上位のシステム思想のみがいいという訳でもないとも述べられている。
唯一の...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2012年02月01日

視点を高くもつという啓蒙はみかけるが、さらに思想まで述べてるものは少ないと思う。またひとつの思考に無意識的に留まることへの注意も頷ける。世の中には要素還元的思考のみに捕らわれている人も少なくないと思う。その方が認識できる世界として実感しやすいからかもしれない。もし一度自分の思考の枠を外してみたいと思...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2010年10月03日

全体を俯瞰するシステム思考、また、システム思考を超越したシステム思想をしよういうもの。システム思想までになると、「悟り」や「空」の境地に達する。

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2010年06月16日

本書を読んで影響を受けたことは、科学と哲学は別物という考え方を改めてみようと思い至った点。科学と哲学は同じもの。

要素還元思考→システム思考→ポスト・システム思考→システム思想の順に理解を進める必要がある。進めば進むほど大局的な視点という印象。ポスト・システム思考以降は哲学の域であり、論理を超える...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2016年07月09日

・物事を小さく見ているときは解が見つかりやすい。(要素還元思考を使って分析できる)

・ただ、少し大きなものの見方をすると、1要素が成り立つには、多数の他要素が必要だと気づき、それを含めて解を探す。(システム思考)

・しかし、要素をテーマにし、テーマとテーマの繋がりを見ていくともはや、解は見つから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

Posted by ブクログ 2015年03月15日

ポストシステム思考と、システム思考と、要素還元と、どれもちゃんと踏まえたうえでの老荘思想。難しいね。

このレビューは参考になりましたか?

思考脳力のつくり方 仕事と人生を革新する四つの思考法

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年01月28日

4つの思考法について、解説している。
・要素還元思考(木を見て森を見ず)
・システム思考(木を見て森を見る)
・ポストシステム思考(木を見て森を見ている自分も含む地球生命圏の多用で複雑な有様を理解)
・システム思想(木や森が実在するのか、自分の心が実在するのかあるいは両者が実在するのかという問い自体...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?