史論の復権
作者名 :

1巻配信中

価格 648円 (税込)

学問的な歴史研究の成果を踏まえつつ、現在の位置を捉えなおす──。そんな「史論」の試みを復権させるべく、「中国化」というオリジナルな概念で日本史を捉えなおした気鋭の若手研究者が、七人の異分野の知に挑む。日本企業の生き残り戦略から橋下徹大阪市長のパフォーマンス、小津映画や大河ドラマの描く日本像まで、歴史の知見を借りれば、旧知の事実がまったく違った意味を帯びていく。知的刺激に満ちた論考。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
ページ数
238ページ
電子版発売日
2014年05月23日
紙の本の発売
2013年11月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

史論の復権

Posted by ブクログ 2014年06月28日

与那覇潤『史論の復権』
中身は面白かったがタイトルが頂けない。
「史論の復権」と聞いて読みたくなるのは「史論」を知っていて、その衰退を嘆いている人だけ。私はと言えば、史論という言葉は聞いたことはあるし何となくぼんやり意味はわかる(ような気がする)けどまったく思い入れはない、という状態。同じ著者の『中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

史論の復権

Posted by ブクログ 2014年09月14日

僕の世代のトップランナー、與那覇さんの対談集。
対談だけあって一つ一つをじっくり掘り下げているわけではないけれど、時折はっとするフレーズがあったりして、やっぱこの著者に外れはないなあと思わせる。

このレビューは参考になりましたか?