「自分らしく働きたいです」
「次の指示を待っていました」
「ちょっと携帯、失礼します」……
 新入社員の素っ頓狂なNGワードを直せば仕事がこんなにうまくいく! 本書では、上司を呆然・困惑させる今どきの部下の発言を、会話シーンとともに列挙し、どのように指導すべきかを指南します。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

Posted by ブクログ 2011年07月18日

言いたいことも理解できるし、役にもたつ。
しかし、正直なんか押しつけがましい感じがするのは否めない。
なんだかんだいって、古い世代の価値観を無理に押し付けているような文体。
今の新社会人は昔と違い、会社にそれほど忠誠心もないし、気に入らないとすぐ辞める性質でもある。また、日本人同士にありがちな以心伝...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

Posted by ブクログ 2011年06月07日

今時の新人の生態を例にとって紹介、その対処法などが載っていました。過激な対処法は当然なく、どのような姿勢で仕事に臨むかなどを教える方法がありました。今の人たちに伝わるかは分からないけど、自分自身の仕事に対する姿勢を再度見直すにはいい本だった。上下関係が希薄になっているのは決して若い世代だけのせいでは...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

Posted by ブクログ 2017年09月12日

私の部下にも、この本のタイトルにあるような答弁を普通にする人間がいる。まあ、時と場合によってはベテランでもこの言葉を発してしまうこともあるだろうが、上司からすると、このぐらい、四の五の言わずにやってよと思うような仕事でも、いちいち理由をつけなければ動かないのである。この本を読んで、こういう発言をして...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

ネタバレ

Posted by ブクログ 2013年02月09日

この本の”部下”は”部下”でも今時の新入社員についてかかれている
運がいいのか、この本に書かれているような新入社員に遭遇したことがない…
この本の中の一節で『会社は組織目標を持ったチームである』とあった
この言葉を本当に部下に理解させるのは、経験をつまないと難しいかもしれない

このレビューは参考になりましたか?

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

Posted by ブクログ 2012年08月25日

いまどきの、若い社員。。随所にある、ある。。
時代が変わったのかとつくづく思いますが、
組織人としての、よいコミニュケーションができるように

このレビューは参考になりましたか?

えっ、ボクがやるんですか?部下に教えたい、社会人のものの言い方100

Posted by ブクログ 2012年01月23日

自分が社会人としてまともなものの言い方をしているのかチェックしたくて読みました。10くらいは当て嵌まりましたので早急に直したく思います。しかし、例題の部下のものの言い方が読んでて腹立つ(笑) 新社会人になる人は読んでおいたほうがいいです。

このレビューは参考になりましたか?