コーチングの超プロが書いた目からウロコのビジネス小説。社内最年少でチームを任された主人公の成長を追ううちに、職場の悩みが解消。不機嫌な上司、気の利かない部下に悩むビジネスマン必読!

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎単行本
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2018年10月13日

キーワード・承認力・グッド・バッドはモチベーションを下げる・短所は長所の延長・根っこの気持ちをつかむ 内容はこの本に似ている 優れたリーダーに変わる たった1つの行動

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2014年08月08日

○組織に受け入れられないと、人は安心でけへんのや。安心せえへんと、人は筋肉が委縮してもうて、実力発揮できひんのや。そやから、安心をつくってやらなあかん。(44p)

○マネジメントはどれだけ自分の内面にたどりつけるかで決まるんやで。大事なのは内省や。(250p)

○仕事が与えてくれるものは大きいで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2013年04月07日

播磨早苗著「リーダーはじめてものがたり」幻冬舎(2010)
(1)チームの空気がだれるのがいやでつい厳しい言葉が多くなってしまいます。
→リーダーはメンバーのエンジンを全開にさせたくて、実は自分がブレーキになっているのを気がついていない。
(2)仕事の場に感情を餅田見たくないタイプ、ほめるときにもし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2013年02月06日

新米リーダー池田紀一の成長を通じて、リーダー論を学ぶ本。
ハートフルなストーリーに載せてリーダーとはこうあるべきという示唆に富んだ格言が満載。

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2013年01月23日

リーダー初心者が師匠であるおっさんからアドバイスをもらいながら成長していく。このやりとりが軽快かつ的を得ていて非常にわかりやすい。間違いなく買ってよかった本。

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2013年01月12日

新たにリーダーになる人に向けた入門書。小説仕立てで、魅力的な登場人物に共感を持ちながら読み進めることができる。もしドラよりも、余程良くできた名著。

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年10月22日

物語の形をとって、リーダーとしてのふるまい方・心の持ち方をわかりやす説く良書。
・存在の承認 あるがままを言う
大事なのは安心して、楽しいと思って、体がのびのび動くこと。まずリーダーに認められて安心すること。
・成果の承認
・人は出来ないことは願わない
・曖昧な言葉に対して質問を繰り返しながら聴く
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2012年08月07日

初めてリーダーになった人がおちいりやすいケースから、主人公が成長して行き、自立したリーダーになるまでをビジネス小説形式で、展開して行く。
単なる小説ではなく、リーダーとしての大切なコトがわかりやすく書かれているので、こちらもはじめてチームのリーダーになった人にはおススメ。
リーダーシップスタイルとし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2011年10月23日

水野敬也さんの「夢をかなえるゾウ」を思い出しました。一見ダメなメンター、しかもメンターは大阪弁です。アホ、アホといいながら鋭い指導をしていきます。

このものがたりのように、チームがひとになって目標を達成し、最後には感動し全員で泣ける。このような職場、最高です。わたしが今いる職場がそうであるかという...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

リーダーはじめてものがたり

Posted by ブクログ 2011年08月21日

夢を叶えるゾウのような感じでストーリーを通して気づきを与えてくれる。メンバを変えようとせずに自分を変えていく。

このレビューは参考になりましたか?