「限りない経済成長」を追求する時代は終焉を迎えた。飽和した市場経済のもと、われわれの社会は「平等と持続可能性と効率性」の関係をいかに再定義するべきか。新たな価値原理とは、人間と社会をめぐる根底的思想とは、いかなるものか。再生の時代に実現されるべき社会像を、政策と理念とを結びつけ構想する。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2011年11月16日

最初、資本主義社会が限界を迎えた先の社会の在り方について主に論じた本かと思ったら、実はそれは広井先生も明確な結論を持っているわけではなく、むしろ大部分は資本主義社会以前の過去の定常型社会について論じられていた。

資本主義を相対的に捉えようとするだけでなく、「人類」が類人猿から分岐した時からの「社会...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2011年08月16日

これからの時代を生き抜いていく上で、このタイミングで本書に出会えたことは大きい。現在の置かれている状況、これからの社会のあり方について、筆者の世界がわかりやすく述べられている。それに納得して共感できる。我々は大変な時代を生きているのだ。次の時代の始まりに必読の一冊。

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2018年10月13日

第3章「私たちは人間と社会をどのように理解したらよいか」圧巻です。タコツボ化と言われるほど分化しすぎてしまった現在において、とてつもなく広範囲なテーマに果敢に挑戦されることに畏怖の念さえ抱きます。ひとつ残念なのは書籍タイトルが、本書の一部しか表現できていないことではないかと感じています。

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2018年03月26日

最初はおもしろかったけど、最後は話が福祉から離れて行ってる感じでちょっとモヤモヤ。
というか、時間的な問題で一気に読み終わることができず、読み終わるまで何度も中断するので、毎回「何の話だっけ?」から始まってしまうという、イタさの問題かもしれない。50過ぎたら、本は一気に話み終わろう。一週間以...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2014年04月23日

第1章では日本社会の将来を抽象的に述べています。コミュニティ感覚の醸成が歴史的にも求められるだろうと著者は言います。これについては本書では触れられていませんが、社会心理学者の山岸俊男さんの主張と重なる部分があるため、なかなかに興味深いです。
経済の二極化、貧富の格差について、歴史的に必然と言っていま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2012年11月23日

効率化→生産過剰→総量(雇用等)が増大し続けない→椅子が空かない/非正規雇用など→若者の失業・貧困→少子化/職を持つorないでの格差拡大→消費が抑制→ ・・・のサイクル

◎各人が人生のはじめにおいて”共通のスタートライン”に立てる状況が大きく揺らいでいる
◎個人のチャンスの保障には、一定の制度介入...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2012年08月20日

近年、中国やインドなど新興国の台頭とともに、エネルギーの枯渇やそれにともなう環境破壊が現実的な問題となるなか、いま世界中が従来の成長モデルを基本とした価値観からの転換にせまられている。しかも、日本は急激な少子高齢化を迎え、これまでのような成長路線は期待できないことを考えると、日本こそがこの問題の最前...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2011年10月07日

キーワード「互恵的利他主義」「社会的(公共財)ゲーム」「ポジティブ・ウェルフェア」「規範的価値と存在の価値の融合」

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年08月03日

著者は、現代が市場経済の成熟化、飽和化した「第三の定常化の時代」と位置付けた上で、生産への寄与や拡大・成長といったこととは異なる次元での存在そのものの価値が求められるとし、人間一人ひとりが潜在的にもっている可能性や創発性が実現されること=「福祉」であると理解する。

また、「成長」のベクトル(時間優...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

創造的福祉社会 ――「成長」後の社会構想と人間・地域・価値

Posted by ブクログ 2014年01月15日

人類は第3期の定常期にきていて、心のビックバン、精神革命で今。その都度人のあり方に変化が起きていて、それらを参考にして今のあり方を考えることができるという話。
GDP比で国ごとの教育費や医療費のことを比べているが、国民1人当たりで見るべきだと思う。
人を多く活用して環境負荷をなくすビジネスモデルがで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?