セックスレス・カップルが増えている。特に三〇代、四〇代が目立つ。とりわけ気になるのは、かつて例を見なかった男性の「性嫌悪症」が増加していることだ。日本の男たちになにが起きているのか?ストレスによる生命力の減退、人間関係の希薄化、自己愛人間の増加、肉体のリアリティ喪失…様々な仮説はあるが、決定的な要因はわかっていない。本書では、「セックスレス」という言葉を初めて使い定義化した第一人者である精神科医が、豊富な症例をもとに日本人の心とからだを取り巻く病理を探り、処方箋を提示する。

ジャンル
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくま新書
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

セックスレスの精神医学

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月30日

著・阿部輝夫。順天堂大学医学部卒、医学博士。
順天堂大学精神科助教授、米・コーネル大学精神科Human Sexual Program研究員、順天堂大学付属浦安病院勤務を経て、1996年「あべメンタルクリニック」を開業、同院長。
日本でも数少ないセクシュアリティを専門とする臨床精神科医。
多くの臨床経...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

セックスレスの精神医学

Posted by ブクログ 2010年09月04日

[ 内容 ]
セックスレス・カップルが増えている。
特に三〇代、四〇代が目立つ。
とりわけ気になるのは、かつて例を見なかった男性の「性嫌悪症」が増加していることだ。
日本の男たちになにが起きているのか?
ストレスによる生命力の減退、人間関係の希薄化、自己愛人間の増加、肉体のリアリティ喪失…様々な仮説...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

セックスレスの精神医学

Posted by ブクログ 2012年09月01日

多くのセックスレスカップルを診察してきた経験から
その治療法と実態に迫る

けっこう切実な問題と感じました

このレビューは参考になりましたか?