“恋愛と戦争は手段を選ばないのよ”かつての親友アマンダは、ロージーにそう言った。そして彼女は言葉どおりロージーの恋人アンジェロを奪い、結婚した。ロージーはアンジェロの金だけが目当ての強欲な女だ、と嘘をついて。3年後、ロージーはアマンダの突然の死を知らされる。やりきれない思いでいる彼女に、アマンダの遺言が伝えられた。アンジェロの屋敷の隣に立つコテージを、ロージーに遺したというのだ。もしそこへ越せば、ふたたびアンジェロと顔を合わせることになる。葬儀で彼はいまだくすぶるロージーへの敵意を露わにしていたが、熱く飛び散る火花が憎悪だけではないことを、二人は感じていた。

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

略奪された恋人

Posted by ブクログ 2017年06月07日

ヒロインの親友の策略により誤解し引き裂かれた2人。
ヒーローと結婚した親友のお葬式で再会しーー。

ヒロインの親友は何でこんなことが出来たんだろう。
しかしヒロインが性格の良さそうな無垢な美人でこんな子なら危なっかしいしモテるから守ってあげたいし心配したり嫉妬するヒーローの気持ちがわかるなーと微笑ま...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?