明治26年、横浜…。士族の娘・結子は借金をして買った雪舟の掛け軸を売るために古美術店・霧島堂を訪れる。そこにいたのは異人の血を引くドS鑑定士・ミハル。彼の見立てでは掛け軸は真っ赤な偽物で…!?

ジャンル
出版社
秋田書店
掲載誌・レーベル
プリンセスGOLD
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

文明開化とアンティーク~霧島堂古美術店~ 1

Posted by ブクログ 2014年04月11日

明治26年、横浜が舞台。
借金を抱えた女の子が古美術商店主の男性に助けられ、その店で働くことになり、そこで起きる様々な出来事をつづった物語。

登場人物がたくさん出てきてもごちゃごちゃすることなく、すんなり読み進められた。
そしてお話のメインに古美術品がしっかり組み込まれていて、小道具としてきちんと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

文明開化とアンティーク~霧島堂古美術店~ 1

Posted by ブクログ 2014年02月28日

ヒロインとの関係はお決まりかもしれないけどうんちくなど、とにかくストーリー面白い。
古美術に興味がわく。

このレビューは参考になりましたか?

文明開化とアンティーク~霧島堂古美術店~ 1

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年02月16日

紫堂恭子さんのFBで紹介されていたので読んでみた。元アシスタントさんだとか。

明治時代の古物商のお話。雰囲気があって時代物が好きな人にはたまらないと思う。小物に対する蘊蓄が面白い。絵はところどころ乱れるところもあるけど、初の単行本だと思えば十分上手い方だと思う。簪の絵は気合が入っていて素晴らしい。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?