医師の夫との偽りの結婚生活に疑問を感じながらも、1歩を踏み出せずにいる沙和子。そんな時、出張先の香港で門倉と出会う。強く惹かれあうが、互いを縛りつけることのできない2人が行き着いたのは「年に1度だけ、同じ日に、同じ場所で」という約束。電話番号もメールアドレスも知らない2人の、愛の姿を描く。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
328ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2010年06月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

年に一度、の二人

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年08月15日

【あらすじ】
女はどれだけ縛れるか。男を。自分の心を。同じ日に同じ場所で一年後に会う約束をして別れる、二組の男女。七回目の秘密の逢瀬を重ねる主婦、一年後の約束に思いを募らせるOLの姿を、香港を舞台に描く。

「僕は待っています。必ず」来年の同じ日に、同じ場所で。男と女は再会の約束をした。一年後の再...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

年に一度、の二人

Posted by ブクログ 2011年05月31日

ひたすら、わかるなぁ・・・と思った。
結末がないところまでどこまでも現実的。
この方の作品が爆発的人気にならないのは、
リアルすぎるからじゃないかと思った。

このレビューは参考になりましたか?

年に一度、の二人

Posted by ブクログ 2010年08月31日

年に一度しか出会えない相手が居るとして。
まだ独身の頃だったら、好きな人と年に一度しか会えないなんて堪えられないと思っただろう。
でも、そんな想い方があっても良いのかもしれないと思えるようになった。別れた後の人生を思えば、一年はきっと短い。

どうしよう、どうしたら、という気持ちには苦しいほど共感で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

年に一度、の二人

Posted by ブクログ 2010年06月27日

「来年のこの日、またこの場所で逢おう」と言われ、様々な葛藤を繰り返しながら1日1日を過ごしていく、いろんな女性の姿を描いた作品。



いいところで終わってしまってたから、「なんじゃこの短編集〜!!」とか思ってたら、ちゃんと最後には話が繋がってたからひと安心。


半信半疑なまま、1年の間に無理矢理...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

年に一度、の二人

Posted by ブクログ 2015年11月12日

香港で偶然出会った男性と、連絡先も交換せず1年後に同じ場所での再会を約束するという共通のテーマをもつ短編集。
自分の感覚とこれほどギャップがあるのは、作者が女性だからか。
永井氏が書くミステリー作品に対してはこんな風に感じなかったのにな。

このレビューは参考になりましたか?