冬木立に立つ母の姿が繰り返し浮かぶのはなぜだろう。17年ぶりに札幌に戻った男が、病床にある母の過去をたどる。若き日の母を訪ねてきた男は誰だったのか。その男と母の間には、何があったのか。思いもよらぬ事実が、封印されていた事件を浮かび上がらせる。記憶の底に潜む真実に迫る、長編サスペンス。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

防風林

Posted by ブクログ 2015年07月14日

この作者には珍しく、男性が主人公。母の過去を幼なじみとともに調べていく中で、しかし浮き上がってくるのは母と幼なじみの女性。女性の機微を描くのが上手な作者だとつくづく思う。

このレビューは参考になりましたか?

防風林

Posted by ブクログ 2008年02月18日

会社が倒産し、さらには母の余命が数ヶ月と知り、17年ぶりに札幌へ戻った周治。子ども時代を過ごした防風林での記憶。アオイさんとの再会。母の過去をたどっていくうちに封印されていた事件が浮かび上がってくる。次々と過去が明らかになっていくので、読み進めるのは早かったんだけど、すべてが周治の「記憶」頼みで、ラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

防風林

Posted by ブクログ 2008年01月18日

会社が倒産する事になり、十七年ぶりに札幌に戻って来た彼。彼は、防風林に立つ昔の母を思い出す。現在母親は病床にあり、見舞いに行くと隣に住んでいた彼女が居た。やがて彼は、母親の過去をたどるために帯広へ・・・。彼が少年の頃母親を訪ねてきた男とは?その男と母親の間には、何があったのか・・・。記憶を頼りにたど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?