華麗なフォームと共に一球に揮身の生命を吹き込んだ名投手山田久志。「秘スレバ花」…山田「投の花」の背後にはいったいどのような工夫の数々が隠されているのか。その秘密に矢島裕紀彦が過激に迫る。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

野球花伝書 2 山田久志 投げる(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2011年03月08日

往年の名投手、山田久志氏が「投げる」ということについてインタビューされたものがまとめられた本。

投げるということについて、とても深く考察されている、貴重な一冊でした。

特に配球のところは読み応えがあり、面白かったです。

野村ノートと並んで、バイブルになりそうな一冊でした。

このレビューは参考になりましたか?

野球花伝書 2 山田久志 投げる(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2008年03月10日

大学の監督に紹介してもらった本。
これも学生時に読んだ時と印象が違う。
良くも、悪くも一つ一つの大切さ、重さが変わったからこういう印象になるのだろう。

山田久志の284勝の経験からの野球学が面白い。
トレーニングに関しては時代とともに流れが変わっていると思う。
また、そうでなければいけな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?