カヌーイスト野田知佑のもとにやってきた雑種の仔犬。やがて彼は日本初のカヌー犬として成長し、主人のフネの舳先に乗って、数々の冒険に繰り出す。その出会いから別れまでを、鮮烈なエピソードで描く。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2010年03月09日

子供の頃から読書好きで、特に20代にはむさぼるように本を読んだ私ですが
好きな本を三冊あげてみて、と言われて考えてみると・・・
モンゴメリの「赤毛のアン」、三浦綾子の「母」、
そしてこの野田知佑の「カヌー犬・ガク」です。

いまはカヤックを趣味とする私ですが、この本を読んだ10年前当時の私は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2014年04月20日

著者とガクを知ったのは、あの恐らく有名なチキンラーメンのCMだ。カヌーに犬を乗っけてたおとっつぁんが、湖上でチキンラーメンを作って食う。20年も前の何のこともないCMだけれど、妙に惹かれるものがあった。著者やシーナ氏においては、主張したいことは分かるし間違いでもないけれど、自分らの価値観を伝えるにあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2012年01月03日

高校生のとき、ガクの写真集を買ったあとに、読んだ本。ますますガクに会ってみたくなったなあ。犬好きならぜひ!

このレビューは参考になりましたか?

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2011年07月25日

 流れる川にカヌーを浮かべ、旅をする。
 水面のすぐそばで、川の様子を眺めたり、釣りをしたり、日が暮れるとその日の宿を探したり。
 大きな船とは違う、身の丈にあった旅の手段。カヌー。私は湖で体験した程度だが、その自由さ、ワイルドさ、そして不自由さは、とても憧れる旅の一つの形。

 そんな旅の相棒とし...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2011年05月15日

 中学生の時、怪しい探検隊というのが流行った。世間的にもアウトドアブームが到来し釣りやカヌー、RVカーというのがもてはやされ始めたころである。そんな時アウトドア雑誌等に著者の野田さんとともに出たのが犬のガクである。

 この時期のアウトドアブームにのった人なら大概、知っていると思っていい。僕もその一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

カヌー犬・ガク(小学館文庫)

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年02月25日

好きな犬ブロガーさんが、たびたび引き合いに出すので、試しに。
この本は、雑誌や他の本からガク(犬)に関する部分を抽出、あとは書下ろしなどで構成されている本だったと、読み終わり、一番最後の『本書プロフィール』で知った。

だからか、なんか、統一性に欠けると思った・・・(納得)

とはいえ、1冊で分かり...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?