素材を生かして使い切る。包丁を握って七十余年、名料理店「つきぢ田村」創業者が明かす、料理のこころ。料亭の味をそっくり日常の食卓で味わえる、感激のレシピが満載。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

つきぢ田村「料理の理」(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2011年04月24日

1、3、4章は日本料理の文化的側面で面白い。2章は使える簡単レシピ、5章は料理を通してサービスする心、プロとしての姿勢などが学べる。全体的

このレビューは参考になりましたか?