半世紀以上にわたって世界のカメラ界に君臨したドイツ。そのドイツカメラ全盛時代に渡独した科学者、佐貫亦男が、ドイツの匂いを嗅ぎ、こよなく愛したドイツカメラを、歯に衣着せぬ論評で綴った痛快なエッセイ集。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

ジャンル
出版社
小学館
掲載誌・レーベル
小学館文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ドイツカメラの本(小学館文庫)

Posted by ブクログ 2013年01月03日

父の遺品であるが、こちらも亡き著者のカメラへの愛情がにじみ出る本であった。クラシックカメラの写真満載で貴重な資料あと思う。
それにしても、ライカが何故世界を席巻するのかよくわかる。そうなると、将来はミラーレスが高級機の主流になっていくように思える。

このレビューは参考になりましたか?