夜の写本師
作者名 :

1巻配信中

価格 760円 (税込)

右手に月石、左手に黒曜石、口のなかに真珠。三つの品をもって生まれてきたカリュドウ。女を殺しては魔法の力を奪う呪われた大魔道師アンジストに、目の前で育ての親を惨殺されたことで、彼の人生は一変する。月の乙女、闇の魔女、海の女魔道師、アンジストに殺された三人の魔女の運命が、数千年の時をへてカリュドウの運命とまじわる。宿敵を滅ぼすべく、カリュドウは魔法ならざる魔法を操る〈夜の写本師〉としての修業をつむが……。日本ファンタジーの歴史を塗り替え、読書界にセンセーションを巻き起こした著者のデビュー作。

ジャンル
出版社
東京創元社
掲載誌・レーベル
創元推理文庫
ページ数
350ページ
電子版発売日
2014年04月11日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

夜の写本師

Posted by ブクログ 2018年06月10日

すごく縦にも横にも広がりのある大作なのに、一冊にまとまっている奇跡的なファンタジー。情景描写も心理描写も贅沢に彩りがなされ、言葉の力を端々に感じるのに白々しくならないのは細部まで世界構築がなされているからだろう。魔法が出てくるのにこんなに引き込まれるとは。めっちゃ面白かったし時間の使い方として小説一...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2018年01月09日

2015.10/22 大好物っ♡善悪単純でなく出会うモノ皆に表も裏もある。魔法も同じ。そしてそれを学ぶための魔法書の写本に焦点を当てているのも奥深さを醸し出して素晴らしい。佐藤さとる、ミヒャエル・エンデ、ロバート・A・ハインライン、上橋菜穂子諸氏と肩を並べても良いのではないかと思える程のデビュー作!...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2017年12月14日

ジャケットを見たときから気になっていながら、ファンタジーを読む気分でなく数年放置していた乾石さんのオーリエラントシリーズ。繊細なジャケットが改めて素晴らしい。
「魔法使いの嫁」を見始めてすぐ原作を読み、そこからたぶん20年ぶりくらいにファンタジー熱が起きて本書を手に取った。地中海世界を思わせる舞台設...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2017年05月26日

とてもファンタジーらしいファンタジーだった。
闇が必ずしも悪ではない所に東洋を感じる。
写本師って良い。

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2017年05月21日

知り合いのお気にの本。1冊にぎゅうっと1000年が凝縮。よくある万能覚醒ラノベとは一線を画す危うい強さもいい。幻想設定も面白いんだけど、何より人間の情念が濃すぎてこの本自体が生きているよう。まさに写本師が書く魔法書。情景を頭に描ける描写力も恩田陸並です。文字や本でトラップ発動…どこかで見たなと思って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2017年02月07日

装丁とタイトルが魅力的で、未知の世界へと誘われるその雰囲気がたまらなく好き。こういうコテコテのファンタジーを読むのが初めてで少しためらいもあったけれど、終盤はページをめくる手が止まらない。言葉選びがとても丁寧で、植物や原石をひとつひとつ調べながら読み進めていきたいくらい細かい。最初は少し読みづらく感...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2016年10月09日

ファンタジーではあるけれど、きらっきらの世界とは違う。人が持つ復讐や妬みなど暗闇に真っ向から向き合う物語である。

とにかく読み切りたくて夢中でページをめくってしまっているので、じっくりじっくり読み返したい。

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2016年08月28日

大満足の一冊! ただ 内容的には これだけのページ数では物足りない 雰囲気は ガースニクスの「古王国シリーズ」+ハリポタの「不死鳥の騎士団」以降 という感じかな  明るい部分は まったく無いと言ってもいいけれど とにかく 文体と表現力の緻密さストーリー 言葉の美しさがとても好みでした!  上質の大人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2016年06月05日

あまりファンタジーを読まないので「読み切れるかしら……」と心配していたのだが、とってもおもしろかった! 魔道師に立ち向かう“夜の写本師”が、なぜ魔道師ではいけないのかが明かされると、読者が共有するものが増え物語への理解も増す。また品があり無意味な描写が存在しないので、この膨大な英知を操る作者にも尊敬...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

夜の写本師

Posted by ブクログ 2016年03月10日

こういう国産ファンタジー読みたかったんだー! こんなにどっしりして読み応えのあるファンタジーが書かれたなんて、本当にすごいことなんじゃないか。

翻訳物では味わえない、ストーリーと文章の確かな密着感が心地よく、何よりも話がおもしろい。翻訳ものだとこうはいかない。確かな言葉で確かな世界をどんどん構築し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?