資生堂に学ぶ、中国ビジネスとグローバル戦略の真髄!
本書は、「成熟期」から「成長を続ける」企業へと進化した資生堂の経営戦略の手引きである。今、日本企業が生き残るためのヒントが満載。「いったん会社を壊してから作り直す」---資生堂の代表取締役社長・前田新造氏の口癖である。日本を代表する企業の一つであり、国内における化粧品業界のリーディングカンパニーとしての地位を維持する資生堂は、常に変革を続けることでグローバル企業となりえた。にもかかわらず、会社を作り直すとはどういうことだろうか。100年に一度といわれる経済不況、さらには外資の攻撃を受け、業界再編を目の当たりにしつつも、確固たる地位は揺るがない。その強さの秘密とは何か。
戦後復興、高度経済成長、バブル経済の各期を経て21世紀を迎えた日本。モノの豊かさが充足されてゆく中で、消費者の欲求は多様化し、日本市場は成熟期にあるといえる。この状況を打破し、企業として成長するために不可欠とされる中国進出。1981年から他の日本企業に先駆けて中国に進出し、グローバル企業としての礎を築き上げた資生堂。化粧品業界のみならず、各業界が注目する中国市場を切り開いた奇跡を、マーケティングのプロフェッショナルである著者が紐解く。多くの企業・経営者が求め、学ぶべき経営の指南書。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

進化する資生堂 中国市場とメガブランド戦略

Posted by ブクログ 2013年01月17日

資生堂の広告大規模なマーケティングはすごい。
シャンプーとか整髪量とか競合がひしめく市場では大規模マーケティングが鍵になるのかなぁと。

質はどうであれ。

このレビューは参考になりましたか?

進化する資生堂 中国市場とメガブランド戦略

Posted by ブクログ 2010年11月18日

山本学著「進化する資生堂」SHOEISHA(2010)
*今後2020年を想定した市場、制度、流通は、①人口・世帯構造、②流通業態、③情報・コミュニケーション、④地球環境、⑤効果と効率、⑥経済主導国、⑦東アジア共同化など、激変化を迎えることは必死である。
*ブランド概念とは、①会社やブランドについて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?