恋する女に唆されて親分を手にかけ遠島送りになった黒岩のサブが、江戸に舞い戻ってきた――!? 喜びも哀しみもその身に引き受けて暮らす市井の人々のありようを描く大好評人情時代小説シリーズ、第二弾!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2014年04月08日
紙の本の発売
2014年03月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

寒紅梅 髪ゆい猫字屋繁盛記

Posted by ブクログ 2015年11月07日

以前のシリーズから時間もたち
書き役さんも魚屋に婿入りしてます
舞台は髪結い処で、江戸中の噂話を
登場人物が落語の世界のように話し
ていて、事件もそこで語られる!

このレビューは参考になりましたか?

寒紅梅 髪ゆい猫字屋繁盛記

Posted by ブクログ 2015年05月08日

髪ゆい猫字屋繁盛記第二弾。
猫字屋の新しい雇い人、鹿一がこれまた訳ありのようで、
今後の展開に期待したいところ。

それにしても、猫字屋シリーズとその前作、自身番書役シリーズをすでに読んでいる人には、
過去の経緯の振返り部分がちょっと長すぎる。
もうちょっとさっくり、
でもこの本から読んだ人にもわか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

寒紅梅 髪ゆい猫字屋繁盛記

Posted by ブクログ 2014年09月02日

人を雇い、増えたような減ったような髪ゆい屋。
その増えた人は、なんだかわけありのようで。

困っている時には手をさしのべ、こちらが困っていれば
手をさしだしてくれる。
小さくても幸せがある、というのは
見ているだけでもほんわりします。
と思いきや、自分の人生をきれいに
突っ走っている人もいるわけで。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

寒紅梅 髪ゆい猫字屋繁盛記

Posted by ブクログ 2014年08月04日

巻末の解説を読んで、「照降町 自身番書役日誌」は完結していたのか!と、知りました。何気にまだ続きそうな印象だったので、「“照降町~”の続きがまだなのに、姉妹編が出ているのか・・」と勝手に思っていたので(恥)。
今後はこちら(髪ゆい猫字屋繁盛記 )の続きを楽しみにする所存です~。

このレビューは参考になりましたか?