小説家になるためにはどうすれば良いのか? 小説家としてデビューするだけでなく、作品を書き続けていくためには、何が必要なのだろうか? プロの作家になるための心得とは? デビュー以来、人気作家として活躍している著者が、小説を書くということ、さらには創作をビジネスとして成立させることについて、自らの体験を踏まえつつ、わかりやすく論じる。【目次】まえがき/1章 小説家になった経緯と戦略/2章 小説家になったあとの心構え/3章 出版界の問題と将来/4章 創作というビジネスの展望/5章 小説執筆のディテール/あとがき

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

小説家という職業

Posted by ブクログ 2018年05月25日

文芸出版界をとことん客観視していて面白い。
この資本主義社会の過渡期において、最後に生き残るのは、というか間に入るエージェントの動向を気にせずに済むのは、小説にかぎらず「生産者」であると痛感していた矢先だったので、なんだか同士を得た気がした。

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2018年01月21日

 小説の書き方ではなく、小説家という職業について、著者の体験や考え方を中心に書かれた一冊です。悲観的な意見もたびたび見受けられますが、なるほどなと思える話も多く、個人的には実りの多い内容でした。
 冷めた性格というより、はっきりと割り切った考え方をするんだなという印象です。だからこそ小説の執筆をビジ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2017年06月17日

小説家になるには、とにかく「書く」こと。それだけで、小説家にはなれる。それが多くのニーズを勝ちとり、食っていけるだけの商品になるかはまた別の話。ただ、なろうと思えばいつでも、誰でも、1冊書いてしまえばなれるということ。

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2016年11月07日

20161107


人気作家、森博嗣がこれまでどのようにして小説を書き続けてきたのか、そして出版社の本当の姿と、これから進むべき道について、包み隠さず、ストレートに表現された一冊。

後作の、作家の収支がとても面白く、その前に書かれた本作をどうしても読めたくなり購入。

漠然と小説家に憧れを持って...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2016年01月14日

こういう言い方が適切かはわからないが、”共感”した気になれる本だ。出版業界の理不尽さへの不満や創作に対するスタンスは、これまで既存のもので良しとされてきたものへの反逆めいたものを感じて刺激的の一言に尽きる。

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2012年12月19日

この本は小説家を目指す人に向けたエールの本だと期待すると大半の人はその期待を裏切られると思う。私は、小説家に憧れる者ではあるが、実際に小説で金を稼ごう、食っていこうとは今のところ真剣には思っていない。ただ、小説が書いてみたい、と思っていて尻込みしてるだけの単なる一般人だ。よくいる読書家が冷水を飲もう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2012年05月19日

文学青年でない、理系やノンフィクションの本もいっぱい読んでる人向けの小説家入門。
私も「文学しか読まない本好き」ではないので、このアプローチはとても自然に受け入れられる内容でした。
著者の「興味のある人しか読まなくていい」っていうスタンスがありますが、読み進めている人には意外と親身だったりする。理系...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2012年01月09日

高校生〜大学初学年のころ、森博嗣氏の小説にはまった。特にS&Mシリーズについては、どっぷりはまった。むさぼるように全巻を読んだ。そして、自分の身の回りに犀川助教授のような師匠がいたらいいのに、と思ったものだった。とにかく、ある種の憧れを抱いていたのは間違いない。そんな思い入れのある、森博嗣氏...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2010年12月08日

小説家になる気などさらさら無かった私ですが、森氏の作品が好きなので、購入して読んでみることにしました。

森氏の「小説家という職業」の遍歴、森氏なりの「小説家という職業」に対する見方 (そういう意味では、タイトルに偽りはありませんね)
小説を書き、職業とするためのノウハウを記した本ではありませんが、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

小説家という職業

Posted by ブクログ 2018年02月06日

小説はビジネスだと言い切って、厳しい印象を受けたが、論理的に書かれている内容に共感できて、何事も最後までやり倒して形にすることが重要だと思った。

このレビューは参考になりましたか?