ひらめきはカオスから生まれる

ひらめきはカオスから生まれる

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「机が汚い人のほうがクリエイティブ」なのはなぜだろう?(米ミネソタ大学Kathleen Vohs教授の研究より)
今、日本のビジネスパーソンや経営者のあいだで最も関心が高いキーワードの一つは間違いなく「イノベーション」でしょう。イノベーションというと堅苦しく聞こえますが、その源泉は人間の生み出す「ひらめき」に過ぎません。では人はどうすれば「ひらめき」を効果的に生み出せるのでしょうか。本書『ひらめきはカオスから生まれる』は、「ひらめき」を組織的に生み出すためには、「カオス」が効果的な役割を果たすと説く、ユニークな、とても示唆に富む本です。(解説より)

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

ひらめきはカオスから生まれる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    ビジネススクールで講師を務めてきた著者2人による、ひらめきを誘導するための本。
    「はじめに――結論」にて、本書の結論が端的に示されている。曰く、「人生であれ仕事であれ、だれにとっても『穏やかなカオス』は不可欠だ」。
    社会・企業・組織にイノベーションを起こすようなひらめきを生み出すには小さなカオスが効...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    コンサルタントの方の本。余白、異分子、計画されたセレンディピティ。カオスのルール 数字の誘惑に負けない、制御されたカオス、余白の活用、異分子を迎える、セレンディピティを呼び込む。アインシュタイン、シリコンバレーなど事例多数。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月24日

    “机が汚い人のほうがクリエイティブ”なのはなぜ? 自由時間(余白)と、よそ者(異分子)から生まれるひらめき(セレンディピティ)について、多種多様な事例を交えて説く。

    第1章 カオスを巧みに利用する
    第2章 穏やかなカオス
    第3章 アインシュタインの頭脳
    第4章 ひらめきの神経科学
    第5章 裸でサー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月01日

    数学的な「カオス」ではなくて、通常や日常ではない混沌や混乱状態のことみたい。ただ小さなカオスとも言っているのでカオスの淵かなとも思ったり。
    歯車もぎっちり隙間がないと動かないように人間も余白がないとよくないらしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月11日

    ひらめきを生み出しイノベーションを起こすため「カオス」を活用することの意義を説く。ポイントは、余白、異分子、計画されたセレンディピティ。米軍へのアドバイスの実績やさまざまな企業やイノベーターの事例を取り入れ分かりやすく説明する。企業や組織に根付いた常識や慣習に、意図的にカオスを発生させる仕掛けを施す...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月14日

    「ヒトデはなぜクモより強い?」の作者の続編。今度はイノベーションはどのようにして起きるのか、それを組織メカニズムとして読み解いた本。曰く、組織にひらめきを起こさせるためには「余白(穏やかなカオス)」、「異分子」、「計画されたセレンディピティ」の3つを導入することが極めて重要ということらしい。これだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月30日

    内容はタイトルの通りの本で、「穏やかなカオス」を人生や仕事に持ち込むことはプラスになるというのが本書の内容です。書かれているのは、ひらめきを生むような創造力を発揮するには、①思考の空白を作る②組織に異分子を混ぜる③計画的に偶然を起こすの三点ですが、そのことを証明する事例が結構面白い内容になっています...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月26日

    『ひらめきはカオスから生まれる』キーワードは、「余白」「異分子」「計画された偶有性」。
    アメリカ陸軍の研修、アインシュタインが特殊相対性理論をひらめく瞬間、さらには任天堂の宮本茂さんの話まで。事例がどれもワクワクかつ、平易な文章で読みやすいです。

    ペストを宿した一匹のネズミが、すべてをもたらしたの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月28日

    イノベーションや優れたアイデアを生み出すには、余白と異分子が必要。3Mなどで言われている15%ルールではないが、本業以外の時間を設けておかないと新しいことに考えが及ばない。また、同質だけではなく異質を採り入れた多様性がこれからは求められる。一定レベルのインプットと検討をした上で、いつか訪れるセレンデ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年04月27日

    複雑性創造性のためのカオスの意味、余白の意味についてしるした本。個人的には好きな話で、推したい話

    <メモ>
    ・余白、異分子、計画されたセレンディピティ
    ・人間の脳は余白があるときに効果的に働く。また異分子の存在により、常識が覆り、セレンディピティがおこる。
    ・カオスのポケットをつくること。
    ・デフ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています