【この島は、虚偽と欺瞞に満ちている――。】
家庭に問題のある子供達を引き取る施設『鬼燈学園』。そこには、知ってはならない『秘密』がある――。“登ってはいけない階段”。“書き殴られた悲痛の叫び”。“白いワンピースの少女”。そして“嘘が得意な大人達”。自然豊かで優雅な離島が、虚偽と欺瞞で血に染まる…。
(C)2008 Kei Sanbe

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
ヤングガンガン
ページ数
207ページ
電子版発売日
2014年03月27日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻
    完結
    通常版 1巻 555円(税込)
    【この島は、虚偽と欺瞞に満ちている――。】 家庭に問題のある子供達を引き取る施設『鬼燈学園』。そこには、知ってはならない『秘密』がある――。“登ってはいけない階段”。“書き殴られた悲痛の叫び”。“白いワ...
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―2巻
    完結
    通常版 2巻 555円(税込)
    【コノ島ニアルノハ、無情ナ現実ダケ…。】 徐々に近づく「死」の気配に怯える子供達は、ついに島からの脱出を決行した。一方、彼らの逃走に気付いた大人達は、殺意に満ちた追跡を開始する…。捕まったら最期...
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―3巻
    完結
    通常版 3巻 555円(税込)
    【『絶望』ハ、終ワラナイ…。】 島からの脱出を決意し、必死に逃げる子供達。それを阻止しようとする、殺意に満ちた大人達。どちらかが果てるまで、『絶望』は終わらない…。 (C)2008-2009 Kei Sanbe
  • 鬼燈の島―ホオズキノシマ―4巻
    完結
    通常版 4巻 555円(税込)
    【真実ハ、『絶望』ノ果テニ──…。】 犠牲者が増えてもなお、逃げる子供と追う大人。そんな互いが向かう先は、虚偽と欺瞞の螺旋道──。それを嘲笑うかのように、血色の鬼燈が静かに揺れる…。 (C)2009 Kei Sanbe

鬼燈の島―ホオズキノシマ―4巻

Posted by ブクログ 2010年01月06日

最終巻。ハッピーエンド(?)に終わって良かったです。
「鬼燈の島」は最初から最後まで凄く面白かったです。作者の描く女性絵は、エロイなあ;

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―4巻

Posted by ブクログ 2009年10月13日

「絶対的な悪はいない」を教えてくれました。
とにかく、広げた大風呂敷をまとめるのがとてもうまかったです。
伏線はそろい、4巻で一気にまとめ上げるのは圧巻でした。

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―3巻

Posted by ブクログ 2009年06月05日

臨場感のハンパない漫画です…。もの凄く評価したい漫画です。 今巻、相変わらずですがシュウが大活躍です。シュウがその場に居ると凄く読者も安心感を得ます。しかしそのシュウが…!お気に入りキャラでもあったので少しショックです…。 今巻で幽霊について明らかになります。 今巻で島の裏側へやっと到着致すのですが...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―2巻

Posted by ブクログ 2009年01月31日

命懸けの脱走です。一巻の初回カラーページの場面が描かれています。緊迫とした雰囲気がたまりません///∀///臨場感がハンパないです。一体幽霊の少女はどういった…。

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻

Posted by ブクログ 2009年01月11日

サスペンスホラー好きにはたまらない漫画です。いえ、サスペンスホラー好きじゃない方でも十分楽しめる推理と殺人に満ちた作者曰く、ミステリーな物語です。 あ、帯等には”サスペンスホラー”と記載されているのですが正しくは立派な”ミステリー”漫画です。
舞台はよくある孤独島から始まります。外部との接触は無く、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年12月25日

ストーリー:9 画力:8 魅力:8 デザイン:7 構成:9 表現力:9 独創性:9 熱中度:10 センス:9 感動:9 総合:87

カミヤドリの三部けい先生の作品です
ある島に子供を集めた施設があり、そこでの話になります
教員?大人の陰謀を感じた子供たちが島を脱出する計画を立てて・・・というような...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―1巻

どうせこんな終わりだと思った

Manngayome 2018年12月28日

力也くんの虚言癖のくだりあたりから
終わり方が想像できる。

作者は上手くまとめてるけど
上手くまとまりすぎてて、わかりやすすぎるかな
この辺のさじ加減は難しいですね
わかりやすくしないと、わからない人もいますから・・・

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―4巻

Posted by ブクログ 2015年03月05日

疑心暗鬼がもたらしたあれこれです
思った通りひぐらしに近かった
ノブが血を流していた理由はまあそんなことだろうなとは思ってましたが
文字の部屋に関しては納得いかなかったかな…IQ150め…
あと犬ー!

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―3巻

Posted by ブクログ 2015年03月05日

どうなるの?!と読んでいたら
これまた読み切りに邪魔される

今度の読み切りはクワダテ先生が中学生の頃の「クワダテ中学生」(まんま)
相変わらずこの頃から変態だった様子
少しほろ苦いという変わった読後感でした

このレビューは参考になりましたか?

鬼燈の島―ホオズキノシマ―2巻

Posted by ブクログ 2015年03月05日

逃げ出す子供達
追いかける大人共

なかなか合流できなくてもどかしい
はらはら

続きが読みたくてページをめくったら「トガビト」 という読み切りだったのでびっくりした

このレビューは参考になりましたか?