第2のキャリアはこうして始まる
長きにわたって時間も情熱も注いできた仕事に対し、職業人生半ばにしてふと疑問をもつ、そんなことはないだろうか。このままでいいのか。自分のやりたいことは別にあるのではないか。今さらキャリアを変更することなど可能なのか。
ここで従来ように綿密に計画をたて、自己分析をし、信頼できる人に相談しながら行動しても、多くの場合、徒労に終わってしまうだろう。
本書では、様々な状況においてキャリアの転換を試み、成功した39人の例をとりあげ、真に自分にあった道を探すキャリア・チェンジの極意を紹介する。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2018年10月20日

"キャリア=現在になっている仕事を、チェンジ=変える、転職する、ことをアカデミックに研究したもの。40近い実例を紹介しており、経験者がとってきた行動や感情の動きを体系的に整理している。
ハーバード流と記載があるが、けっして頭でっかちな「理論を立てて綿密な計画をたてて」というようなものではな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2016年07月21日

久々の読み応えのある本。
一言でいえば、
キャリアについて迷っていいんだ。
ということが色々な人の事例でわかった。
そして、仕事をしながらももつなんとなくある違和感。
アイデンティティと実際のキャリアのギャップ。それはかならずあるもので、そして双方とも変化していくもの。それを意識しながら、色々なこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2016年01月24日

今、仕事について悩んでいる自分にとって一番必要な本?様々な実例を基にキャリアチェンジについて具体的に語っている。
この本を読んで最も印象的なことは、まず行動することで、それによって自分が本当にしたいことが 分かってくることだ。
それも一気に大きく変えるのではなく、副業でしたりその道...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2012年10月14日

この本に出てくるキャリア・チェンジの当事者は40歳前後が多く、日本のキャリアチェンジが遅くとも30半ばまでに行われないと難しいことと対照的である。

このレビューは参考になりましたか?

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2011年06月18日

キャリアの節目では、悩み続けるより、まず踏み出して試してみることが重要。
斬新だけど納得できた
キャリアチェンジを検討するひとには一読の価値あり。

このレビューは参考になりましたか?

ハーバード流 キャリアチェンジ術

Posted by ブクログ 2013年01月26日

読むのに二日かかった。
ケース例紹介して、共通する事を抜き出す形式。こういう論文見た事あるな。

内容からすると、考える前に動け!ってことがキーフレーズすかね。

このレビューは参考になりましたか?