ソーシャルメディア時代の価値は、共有、共感、共鳴へ
Facebookをはじめとする各種ソーシャルメディアサービスが急速的に浸透するなか、欧米では人と人がつながることにより生まれる経済価値が注目を集め始めている。日本ではソーシャルメディア後進国と言われる一方、ソーシャルメディア時代の価値観およびそこに紐づく消費は大きな変革期へと来ている。
本書では、経済価値をも変えてしまう、この大きなうねりを「ソーシャル・エコノミー」と呼ぶ。ソーシャル・エコノミーを活性化させる基盤となるのは、良質なコミュニティだ。本書では、昔の日本のムラを統治する手段として行なわれてきた「祭り」や、よりエンターテインメント的に発展した「祭り」など、コミュニティを創り・育て・盛り上げるためのノウハウやメカニズムを解明し、コミュニケーションを考えるヒントとして提案する。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2013年01月14日

AKB48、初音ミク、B-1グランプリなどの事例分析から、日本人のもっている、「祭り」や「和」が、スマホなどのSNS等によって「つながるもの」として、今後の経済を動かしているのではないかという論をまとめた本である。

農業経済、産業経済、サービス経済、経験経済と来て、次が本当に「ソーシャル経済」とな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年12月06日

チェック項目13箇所。日本人の場合は、まずどこの人間かで「和」の人格が規定される、その人がどんな組織の「和」を担っているかで、向き合い方も大きく影響されてしまう。テレビ自体はそんなに変わっていない、変わってしまったのは、「おもしろいと感じあえる人たち」とのつながりの登場だ。2005年、「これから5年...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2012年10月28日

日本には欧米と異なった和のソーシャルがあるとして初音ミク、AKB48、ニコニコ動画などの実例を挙げて説明する。一方、経済も農業経済から始まり産業経済、サービス経済そして、経験経済と進化してきたがそろそろエキスぺリエンス・エコノミー(経験経済)も過剰感や抵抗感を生み出してきたとき、次の経済をソーシャル...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2013年07月04日

本書にいわく、「ソーシャルメディアによって人の集まり方が変わり、日本でも価値観と消費の在り方が、大きな変革期へと来ている」のだそうですが、個人的に『諸刃の剣』だと思っておりますので運用には注意を。

本書は献本にて御礼申し上げます。

AKB48、B-1グランプリ、初音ミク、ニコニコ超会議……。ここ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2012年12月03日

2012/9/18 初版

AKB48、初音ミク、B-1グランプリなど、それまでのマスコミュニケーション主導消費では考えられなかった消費のトレンドと、その背景にあるコミュニティ構造の変化の因果を読み説いた一冊。

なんとなくもやもやと、新しい事例だと思っていた消費動向を、
日本におけるコミュニティの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2012年11月25日

ここ最近起きているブーム、トレンドについて
経済的な波及効果とその背景について事例をもとに解説。

AKBにせよ初音ミクにせよ、日本人のもつ〝和〟の性質が
ブームの加速度をあげている、という説を述べています。
とても平易で読みやすく、大学の授業を思い出しました(笑)

寿命の短い内容の本ですので、熱...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ソーシャルエコノミー 和をしかける経済

Posted by ブクログ 2012年10月08日

言いたいことはとてもよくわかるし、しっかり書けていると思うけれども、文章に多少(いや、けっこう)癖があるので、正直、しんどくなるところがあった。最終章と野中先生のあとがきはよかった。

このレビューは参考になりましたか?