実務に通用する“基本”が身につく  学生はもちろん実務者にも好適
本書は、ソフトウェア開発の入門書として学生・新入社員などから幅広い支持をいただいた『ずっと受けたかったソフトウェアエンジニアリングの授業』の姉妹書で、ソフトウェア開発プロセスの中でも特に重要とされる「設計」にフォーカスした入門書です。ビジネスの変化が激しい現代では、ソフトウェア開発者は多岐にわたる多くのことを日々学ばなくてはなりません。その状況において、本当に使えるスキルを身につけるためには、“基本”を押さえておくことが大切です。
本書は、ソフトウェア設計における普遍的な考え方やものの見方、意思決定の方法など、その場しのぎではなく真に必要とされる知識の“基本”をわかりやすく解説しています。紙面はイラストや語り口調を用いて、初学者の方にも取り組みやすいような工夫をこらしています。ITエンジニアを目指す方はもちろん、ITエンジニアの育成に携わる方、ITエンジニアとして基本を再確認したい方などにもおススメです。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
272ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

Posted by ブクログ 2012年04月30日

2回読みました。

私は、293の鉄則本のように、枕元に置いて気が向いた時にパラパラめくって読み返す本は何冊かあるのですが、同じ本を続けて読み返すことはほとんどしません。

一読して分からなかったことは再読しても分からないことが多いので「ま。いいや、別の本を読んで理解すれば」と本棚に置いてしまい...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

Posted by ブクログ 2019年02月10日

◆概要
Michael Anthony Jackson氏 が開発したソフトウェア開発手法に関する解説本。

- JSP(Jackson Structured Programming), 1975年出版
プログラム開発手法(構造化プログラミング+構造不一致)
- JSD(Jackson System ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

Posted by ブクログ 2015年04月25日

確かに設計に関する話が綺麗にまとまっているので、良い本だとは思うけど、個人的には当たり前のことが多くてイマイチ。

このレビューは参考になりましたか?

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

Posted by ブクログ 2012年03月22日

JSP(Jackson Structured Programing)とJSD(Jackson System Development)を中心にした設計手法の説明。方法より考え方を理解できればいいんだろうけど、思ってたより頭に入りにくかった。。。

このレビューは参考になりましたか?