ナレッジ・マネジメントを超えて
コミュニティ・オブ・プラクティス(実践コミュニティ)とは、あるテーマに関する関心や問題、熱意などを共有し、その分野の知識や技能を、持続的な相互交流を通じて深めていく人々の集団のことである。
太古の昔から続く、知識を核とした社会的枠組みであるが、組織がより意図的かつ系統的に知識を経営に活かすこと、つまり古来の仕組みに加え、ビジネスで新しく中枢的な役割を担わせることが必要になっている今、熱く注目されている。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
406ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

コミュニティ・オブ・プラクティス

Posted by ブクログ 2018年05月05日

「流れる水は腐らず」と言うが
経験や技術、言葉では表せないような暗黙知は
『対話』という流れに乗せると
さらに高いレベルに磨き上げられ、新たな展開をみせる

『対話』は、その参加者に責任も主体性も規律も寛大さも求めるものだが
その覚悟を持って対話をすれば、持っている知識が磨かれ展開する
覚悟が持てな...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティ・オブ・プラクティス

Posted by ブクログ 2013年11月16日

社内コミュニティを構成し、知識経営を推進するための実践的教科書。

10年ほど前の書籍ですが、社内コミュニティの教科書として、組織の壁を越えられず、従業員同士の有機的な結びつきに課題を持たれている企業にとっては、学ぶべきことが多く記された良書だと思います。

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティ・オブ・プラクティス

Posted by ブクログ 2012年08月30日

学習する単位=実践コミュニティとして、コミュニティ的な考えの組織への適合を試みた画期的な書籍であろうと思います。その意味で、『学習する組織』の上位的な位置づけに見えます。コッター言うところの組織におけるインフォーマルなネットワークによって作られた単位が実践コミュニティ(Community of pr...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティ・オブ・プラクティス

Posted by ブクログ 2004年10月12日

ウェンガーさんの書いた”Community of Practice"の日本語版。「実践コミュニティ」をいかにして創造するか。面白いです。

このレビューは参考になりましたか?

コミュニティ・オブ・プラクティス

Posted by ブクログ 2017年10月10日

企業の内外での実践コミュニティに関する本。

かなり前にコミュニティ・オブ・プラクティスという概念を知って、それをイメージしながら、会社を超えた実践・学習のコミィニティを作った。

が、恥ずかしながら、こっちの本は、これまで読んでいなかった。

遅ればせながら、読んで、今となっては、当たり前な感じか...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?