※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【本電子書籍は固定レイアウトのため7インチ以上の端末での利用を推奨しております】
一年で大きな成果をあげよ!
産業が情報へ移り、高度な管理能力が必要とされる現代は、人が企業を選ぶ時代である。企業にとって、有能な人材を確保することが、ますます重要な課題になっている。マッキンゼーのウォー・フォー・タレント調査に基づき、なぜ人材を重視すべきか、いかに有能な人材を集めるのか、その人材をいかに育てるべきかを5つの法則に従って明らかにしていく。
※本電子書籍は同名出版物を底本とし作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

ジャンル
出版社
翔泳社
ページ数
280ページ
電子版発売日
2014年04月11日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2018年10月23日

トップマネージメントに超優秀な人がいれば組織は何とでもなる論。「隠れた人材価値―高業績を続ける組織の秘密」と合わせて読むと非常に興味深い。「ウォー・フォー・タレント ― 人材育成競争」は、トップの能力にスポットが当てられているだけに、優秀なトップをどうやって、獲得するか、維持するかという議論に終始。...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年01月20日

ウォーフォータレント

マッキンゼーが1997年から2000年で、好業績を上げている企業とそうでない企業にどのような組織の違いがあるかを調査したところわかったこと

▪️マネジメント人材の重要性
・企業の業績向上にはその企業にとって戦略的に重要な事業を特定し、それを構築・運営することが大切。実質的に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2015年01月04日

原著と一緒に読む方が分かりやすい。?の翻訳箇所も散見されるので…。中身は心情的には分かるけど、日本の企業でこれやったら問題多いだろうなあ・・・という感想。外資コンサルタント会社ならではのアプローチかと。。。

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2011年12月24日

・社員は優秀なものが20%、普通のものが60%、使えないものが20%
・平等は皆に同じ給与を払うことではなく、能力に応じて払うことである
・地区マネージャーが不振に悩んでいたら、店舖マネージャーに戻す。半分はそれで上手くいく

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2018年06月25日

工業社会から情報社会へシフトすることによる相対的な人材価値の上昇、インターネット化による転職市場の活発化と転職ハードルの下落を背景に、まさに「ウォーフォアタレント」の様相を呈している昨今において、いかにタレントを獲得し、育て、リテンションしていくべきかのセオリーが記されている。
EVPを筆頭に、今で...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2017年11月29日

採用という入り口は勿論、採用後の組織づくりにも意義ある内容が記載された一冊。複数人で何かをやる以上は必ず相互作用を持つマネジメントが発生するのでそういう事を考えるヒントを得るのに最適。

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2017年11月25日

情報時代とともに、職務をリードしチームを率いる経営管理能力を持つ人材への需要が高まった。高業績企業は人材マネジメントを優先事項とし、コーチングやメンタリングで育てるとともに、引き付けておくための魅力を維持している。

簡単に転職する・できるからこそ、来ることや残ることに対する価値が高くなる。正社員し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2017年07月04日


【本の情報】
ウォー・フォー・タレント
/HarvardBuisinessSchoolPressマッキンゼー

5時間50分

【本を読む目的】
人材獲得競争
ダイレクトリクルーティングの必要性を語れるようになる

【内容】
マネジメント人材育成
* 日本での「公平」に基づいた人事部による一律管理...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

ウォー・フォー・タレント

Posted by ブクログ 2017年02月14日

マッキンゼーが研究してまとめた人材育成論。最大公約数をとるような育成ではなく、エース人材に集中投資が出来るか、という話に尽きるという話なんですが、そもそも人の評価、良し悪しとは、というところで判断が分かれるということで、書籍GRIDでは反論されていたりもします。エリート意識を持った人の説明書にも近い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?