女は女というだけで貧乏になる――見えにくい実態を明らかに。/女子を貧困に追いやる社会構造のなかで、教育、キャリア、結婚、子育てをどう考えればいいのか? 専業主婦を目指すのがもっとも賢い選択なのか? 当事者が自らの境遇と客観的なデータをもとにその実態をあぶり出す。娘をもつ親御さんも必読!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社新書
電子版発売日
2014年03月28日
紙の本の発売
2014年02月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2018年02月05日

他の方の書評と同じように、とある高学歴女子の愚痴話のエッセイという感想をまず最初に持ったが、実際に彼女たちが愚痴りたくなるほど、男の比率が多い大学教授や芸術家の世界で女性が出世するのは難しいのだと思った。私には娘がいるが、彼女が博士に進みたいとか芸術の道を目指したいといったとしたら、こういう現実もあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2015年03月01日

明治期以降に国家によって推進された教育は、皮肉にも女子を自立や解放に導いたのではなく、むしろ女子に期待される仕事やイメージを具現化させただけである。男性にとって学歴は「地位形成機能」を持つが、女性にとっては「地位表出機能」でしかないp117.そのことを教育史や高学歴保有女子当事者の声を紹介することで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2014年05月01日

学歴もそれなりに役には立つがけして女子には特に集背の手形にはならない。むしろめんどくさくする。世の中はゆっくりと変わるのね。

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2014年03月19日

人文系の研究者、またはアーティストを目指しながら非常勤の仕事で生計を立てている女性達の背後にある問題について論じた本。

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2016年02月07日

男性より専任職の比率が低く、不安定・低所得の非常勤が多く、文系・語学系が多く、結婚すると研究者としては下位とみなされる。高学歴であっても、チカラと発言力を持たない。

社会的・金銭的評価の伴わない高学歴。高学歴そのものが幸せをもたらせばよいのだけれど。

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2015年09月08日

うーん、自分も全く似たような状況をたどっているけど、ある程度現状には満足しているし、考え方の問題じゃないかなあと思う。あとあきらめ?
専門職に就きたいと思っているわけではないし、研究がしたいわけでもないから、そう思えているだけかな。

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2014年06月17日

高学歴を手にしたら、やりたいことができて、お金も稼げるというのは幻想なのだろうか?
もちろん、学歴がないよりあった方がいいのだろうけど、学歴があっても幸せになれるとは限らないのだなぁと改めて感じた。

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月28日

「高学歴ワーキングプア」の作者監修の高学歴シリーズ第2弾。


非正規(非常勤講師)となってしまい不安定極まりない環境におかれ、研究上、職務環境上、生活上問題を抱える女性高学歴研究者の内状が大変勉強になった。

私も女性ではないが、元高学歴ワーキングプア状態を5~6年経験したものから言わせていただく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

高学歴女子の貧困~女子は学歴で「幸せ」になれるか?~

Posted by ブクログ 2014年03月04日

女で未だテニュアのないPDの研究者(のたまご)である私は、まだ「実力があればテニュアは得ることができる」という理想世界を信じている方です。

でもたとえ今後テニュアという特権を得たとしても、それを自分の実力のおかげだと正当化して得られなかった人を仕方ないと考えるような、排除の論理を振りかざさないよう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?