鮫島の貌(かお) 新宿鮫短編集
  • 最新刊

鮫島の貌(かお) 新宿鮫短編集

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新宿署に異動直後、上司となる桃井と鮫島との出会い。飛び降り自殺を図ろうとした少年と関わる晶。鮫島の宿敵・仙田、鑑識官の藪……。シリーズに登場する個性的な人物たちの意外なエピソードから、人気コミックの主人公である両津勘吉や冴羽との共演まで。孤高の刑事・鮫島の知られざる一面が垣間見える短編が勢揃い。「新宿鮫」にしかない魅力が凝縮された全10作品。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2015年06月26日
紙の本の発売
2015年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年07月02日

    いつも命のやり取りをしているわけではないよ、という鮫島が、なかなかの活躍ぶり。
    射殺したロベルト・村上、またの名を仙田、本名間野のことが尾を引いている。
    両さんが出てくる話が楽しかった。こうして描かれると、けっこうリアルな存在で、ホントにこういう警官がいてもいいかなと思う。
    冷静に考えると新宿鮫の方...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月14日

    買って帰って来て、あっ、これ読んだなぁって。わかってたんどけどやっぱりおもしろかった。また長編が読みたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月06日

    新宿鮫の短編集
    各キャラクターを掘り下げてあり
    中々面白かった。

    こち亀の両さんやシティハンターの冴羽とのコラボあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月17日

    現時点で出ている10作を読み終えたら、あらこんな本もあったわ、という感じで手に取りました。
    短編集なので、サクサクと読める感じです。
    桃井さんがカッコ良かったり、晶と仲良かったりと、絆回廊を読んだあとだとしみじみしちゃいました。

    さて次は何を読むか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月23日

    新宿鮫は未読。しかし、面白かった。短編集なのに、ほろりとさせられる話もあり、中にはスペシャルゲストもいたりして、ニヤリとさせられた。ここ最近、悪徳刑事ものばかり続いていたせいか、正統派刑事が妙に新鮮だった!これから、本編を読みます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年06月11日

    シリーズを書く上での設定を短編としてまとめた感あり。それでも楽しめるのは、登場人物に作者の思い入れがしっかりしているからかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月23日

    こち亀のオマージュや仙田の死からの後日譚、若かりし頃の鮫島や桃井など新宿鮫のファンにはたまらない短編集。
    長編とは一味違った新宿鮫を堪能しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月28日

    新宿鮫の短編集。鮫の旦那好きとしては手に取らずにはいられないわけで。エンジェル・ハートでコラボしてたのが、こっちでもコラボしているとは。獠ちゃんも好きだし、鮫の旦那も好きだし。香も晶も好きな身にしてはニヤニヤが止まらない。槇村の兄さんも新宿だしね。そういうつながりあっても不思議はない。最後のあの人の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月03日

    長きに渡り長編が発表されているシリーズ初の短編集。孤高の刑事・鮫島の知られざる一面が垣間見える全10作品。
    上司の桃井、恋人晶、鑑識の藪、宿敵仙田など個性的な面々のほか、こち亀の両津勘吉にシティーハンター冴羽まで登場するお得感。特に鮫島と桃井が出会う「区立花園公園」は味わい深い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月28日

    まあ、箸休め、という感じで、どうでもいい作品も混ざっているかなという気もしますが、ファンにとっては楽しめる1冊ですね。
    大沢さんは、本作や、「らんぼう」のような作品ならどれだけでも書けるんじゃないかと思うし、それでもそれなりに楽しませるのが流石だとつくづく思います。

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~11件目 / 11件
  • 鮫島の貌(かお) 新宿鮫短編集
    新宿署に異動直後、上司となる桃井と鮫島との出会い。飛び降り自殺を図ろうとした少年と関わる晶。鮫島の宿敵・仙田、鑑識官の藪……。シリーズに登場する個性的な人物たちの意外なエピソードから、人気コミックの主人公である両津勘吉や冴羽との共演まで。孤高の刑事・鮫島の知られざる一面が垣間見える短編が勢揃い。「新宿鮫」にしかない魅力が凝縮された全10作品。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています