災園

災園

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

幼くして養父母を亡くした奈津江(なづえ)は、実姉と名乗る祭深咲(まつりみさき)に伴われ、実父が経営する施設〈祭園(まつりえん)〉に引き取られた。そこに暮らす訳ありの少年少女たち。廃屋と化した〈廻り家(まわりや)〉と呼ばれる奇怪な祈祷所。得体の知れない何かが棲む黒い森……。奈津江の出生の秘密が明かされるとき、惨劇は幕を開ける――。閉鎖空間に渦巻く怪異と謎を描く、〈家〉シリーズ三部作最終章!

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

「災園」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2010年12月26日

禍家、凶宅に続く、家シリーズの第三弾。
お稲荷さまに関わりのある6歳の少女が主人公。ある事件から身寄りをなくした少女は、祭園という養子に出された子供たちが暮らす家に迎えられる。
全体の雰囲気はホラー>ミステリだけど終盤からミステリ色が強めに。

もっとお稲荷様を出してほしかったなー。とか、そこから先...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月27日

「家」シリーズのホラーミステリ。今回もぞくぞくと迫り来る恐怖と、魅力的な謎がいっぱいです。
廻り家のシーンが怖い。とにかく怖い! 肝試しで何かに追われるシーンの恐怖感は圧巻です。夜中に一人で読んではいけません。だけど……真相が分かった後で読んでも、それはそれで怖いんだよね。あ、あのシーンでああなった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月09日

ホラーが読みたくなる季節になってきたので、手に取った家シリーズ3弾目。

…全く怖くない!ミステリ色強め。
更に割と早い段階からオチが読めてしまい、かなりションボリな一冊となってしまった。
ガツンとくるホラー求む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月27日

ホラー面の怖さがもうひとつ。あとがきにもあるが、同じモチーフをいかに料理するかに注目すると、おもしろかった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月05日

三部作 第3弾!
今回は怪異なのか?人のなせることなのか?
狭間をゆらゆらと・・・

偶然ではあるが「びっくり館の殺人」も子供目線の作品だった。

夏休みに読むにはいかもしれない
子供たちにおすすめの1冊

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,919

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!