妹を亡くして10カ月、テンプラーは姪のケリを引き取って育ててきたが、一人ではもう面倒を見きれず、住む部屋からも立ち退きを迫られていた。テンプラーは妹が残した手紙から、ケリの父親らしい相手を探しあて、すがる思いでアレックスというその男性に手紙を書いて送った。だが、やってきたのはアレックスの兄のレオンで、弟はすでに亡くなったと知らされる。さらにレオンはケリを見てアレックスとテンプラーの娘だと思い込み、弟の唯一の子供を育てるために、彼女と結婚するとまで言いだした。もし拒否するなら、ケリだけ引き取ると脅しめいた言葉さえ口にして。こんな敵意に満ちた冷たい男性に、幼い姪を託せるはずがない……。テンプラーは自分が母親でないことを隠し、結婚に応じるしかなかった

ジャンル
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・ロマンス
ページ数
160ページ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

仮面の下の純潔

Posted by ブクログ 2013年09月03日

死んだ妹の子を自分の子と偽って、子供の父親の兄と偽装結婚するパターン。ヒロインの偽り方に無理あり。2013.8

このレビューは参考になりましたか?

仮面の下の純潔

Posted by ブクログ 2012年11月02日

元モデルの事務員テンプラー・ニューマンと投資家のレオンドロ・マルコス。出産で死亡した妹の娘を育てているテンプラーが、父親と思われる人物に連絡を取ったらその兄が…、そして自分の娘と偽って結婚、のパターン。ヒロインの性格がイマイチでした。

このレビューは参考になりましたか?