デビュー時から現在までの、タモリの様々な発言やエピソードを丹念に読み解き、その特異性と唯一無二の魅力に迫る。 親しみ深くて謎の多い、孤高の男の実像とは。―タモリは過去や未来にこだわることの不毛さに対し、若い時から(あるいは幼少時から)問題意識を持ち、考えぬいた末に「現状を肯定する」という生き方を選択した。いかに執着を捨て、刹那的に生きることを選べるか。その実践として、「タモリ」がある。―(本文より)

ジャンル
出版社
イースト・プレス
電子版発売日
2014年03月26日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年03月08日

「笑っていいとも」の終了の頃に出された本だが、この本の出版のきっかけは番組の終了ではなく、終了の発表前から執筆はされていたものを、終了発表により大幅に修正を余儀なくされた内容であるとのことが書かれている。
「笑っていいとも」の終了や、赤塚不二夫氏の葬儀の弔辞等により、あらためてタモリという芸人のすご...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2016年09月19日

新旧幅広い様々な本、テレビ映像からテーマごとにまとめた力作、労作。
骨が折れる、時間のかかる作業だったとおもう。

これが、大滝詠一で自分がやりたい事。

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2015年03月20日

本文中に触れられている、「緊張できるような仕事ができてるってことを幸せに思うことですね」というタモリの言葉にしびれました。
「いいとも」終了の前に読んでおきたかった一冊です。
もちろん僕も、いいともが終わるとなって、ようやくタモリに興味を持った一人ですが…。

人は安心を得ようとして、却って不自由に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2014年05月18日

 タモリというお人を、その言動から立体的に浮き上がらせた書である。
 冒頭では賛美と言ってよい論調が目立ち、当初は「これは失敗(の買い物)だったかな」とさえ思ったのだけど、徐々に浮かび上がってくるタモリ像の凄まじさにただただ唖然とさせられた。
 読み返してはいないが、おそらく冒頭を読み返せば「さもあ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2014年04月25日

読もうかどうしようか迷って、やっぱり読むことにした1冊。読んでよかったかどうかは微妙。
なぜなら、読めば読むほど「タモリの謎」の深さを思い知らされるから。
それくらい、本書は「タモリ」という人をくっきりと浮かび上がらせている。
浮かび上がらせているにも関わらず、いやむしろ浮かび上がらせているからこそ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2014年04月20日

笑っていいとも終了の気持ちピークの時に読んだ本ですが

あらためてタモさんっていいなぁ~と思わせてくれる本です。




作家の方が、タモさんの発言や周りの方の発言を

テレビや雑誌などからうまく切り取り

タモさんの実像となぜこれほどまでにリスペクトされるのかを

丁寧に描き出しています。



...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2014年03月29日

森田一義という男、タモリというタレントのブレのなさと鋭さと今を楽しむ、過去でもなく未来でもなく、今と言う日常を肯定する姿勢がなぜ生まれたのかが出生時から彼の家族から経歴から発言から、スキマさんが表に出ている発言や書籍やテレビでのやりとりから抽出した見事すぎるタモリ学。

デビューにいたる経緯になった...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年12月18日

タモリは自然体で、何が起きても様々な事を楽しむ。頑張りすぎることはダメ。目標も夢も持たない。なかなかタモさんのような生き方はできないな。

偽善とはなにか。
子供の頃に、幼稚園のお遊戯を見て、あの中には絶対に入りたくないと思った。
自由ということは、不安になること。人は不自由になりたがっている。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2016年07月03日

文字通り、タモリを様々な角度から分析する一冊。

タモリがBIG3と言われる前のいわゆるカルト芸人だった頃から丹念に追ってるだけあって、色々と知らないタモリを知ることができた。

このレビューは参考になりましたか?

タモリ学 タモリにとってタモリとは何か?

Posted by ブクログ 2015年08月25日

今回この本を手に取ったのは、
彼の「恐怖の密室芸」に迫りたかったから。

私が時として衝動的に行う行動が、
「予定調和への怒り」を引き金にしていて、
結果として場を爆笑に巻き込むこともあり。
(一方で”変人”の称号も頂きましたが…)
何か、源泉に彼と共通するものを感じました。

もちろん彼のような突...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?