いつも息苦しかった日常生活のリフレイン。二度と戻りたくない、青春のど真ん中。あなたの記憶が呼び覚まされる、エモーショナルでパセティックな別れ、痛み…。気鋭のふたりが試みた喪失と記憶の長編傑作、奇跡の誕生。

ジャンル
出版社
秋田書店
掲載誌・レーベル
エレガンスイブ
電子版発売日
2014年03月28日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

mina-mo-no-gram

Posted by ブクログ 2013年07月24日

水辺、ボートの上、シャワー室。方向感覚のない水の中でもがいているような、あてどない息苦しさ。10代の頃のひりひりした気持ちがよみがえってくる。文句のない傑作。最後の主人公の決意に、涙が出た。

このレビューは参考になりましたか?

mina-mo-no-gram

Posted by ブクログ 2014年03月02日

今日マチ子の「今日マチ子」性をマームとジプシーの藤田貴大が存分に引き出した「mina-mo-no-gram」という物語。
マームとジプシーらしさとして、リフレインという手法が存分に用いられていますが、僕らの実人生もやはり「靴を履いたり、脱いだりする毎日」の繰り返しなのじゃないか。
それでも少しずつ、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

mina-mo-no-gram

Posted by ブクログ 2013年08月30日

一つの作品の枠に収まらない、リフレインの可能性を、感じました。
今までに観た舞台さえ、あの時の感情さえ、引き出されてしまうようでした。

このレビューは参考になりましたか?

mina-mo-no-gram

Posted by ブクログ 2013年08月24日

今日マチ子×藤田貴大。記憶はなんだか、水のように流れていってしまう。忘れたいことも忘れたくないことも。

このレビューは参考になりましたか?

mina-mo-no-gram

Posted by ブクログ 2013年07月31日

今日マチコ新刊三冊のうちの一つ。最後まで買うのを悩んだ笑。
演劇とマンガの融合。青春ものなんだけどうまいこと共感はできなかったなぁ。表現はすごいなぁ。ゆらゆらゆらゆら、たゆたうたゆたう。一番前向きな終わり方をするのが好きだ。

このレビューは参考になりましたか?